• HOME
  • > お知らせ

お知らせ

2019年 5月24日

三鷹ネットワーク大学初の出版物を発行しました!

『人生100年時代の地域ケアシステム
   ―三鷹市の地域ケア実践の検証を通して―』を出版


 



 

 三鷹ネットワーク大学推進機構での初の出版事業として、『人生100年時代の地域ケアシステム―三鷹市の地域ケア実践の検証を通して―』を発行しました。これは、当機構の前理事長である清成忠男氏(法政大学元総長)の篤志によって実現したもので、研究者および専門家、地域ケアの実践者で構成された編集委員会(委員長・市川一宏[ルーテル学院大学 学長])のもと、三鷹市や会員大学の協力を得て、編集作業を行いました。


 先進自治体のトップランナーとして、50年にわたって耕されてきた三鷹市のコミュニティ行政の土壌。その中で、地域包括ケアシステムの三鷹モデルともいうべき諸施策がどのように育まれ、機能しているのかを、「参加と協働」を基盤とした市民や地域団体の自主的な取り組みにも焦点を当てながら、丁寧に紐解いています。

 

 

『人生100年時代の地域ケアシステム―三鷹市の地域ケア実践の検証を通して
 A5判260頁 本体1,500円+税 (ISBN 978-4-89390-151-4)
 発行:特定非営利活動法人三鷹ネットワーク大学推進機構/ 発売:ぶんしん出版


 


 


ダウンロード

 


 

戻る