講座詳細

アストロノミー・パブ2016年4月 
超新星爆発の瞬間を追って

Orange_100x100

講座趣旨

 アストロノミー・パブとは、市民と専門家との間の相互コミュニケーションを目的とした、サイエンス・カフェの天文版です。ホストとゲストによる「トークタイム」が1時間、その後は講師や参加者同士と自由に対話を楽しむ立食形式の「パブタイム」です。普段から疑問に思っている事や自分のアイデアを、講師や参加者同士で楽しく語り合いましょう。

 夜空に見える星々はいつも同じように輝いているように見えます。しかし、星のなかには、その一生を終えて突然大爆発を起こすものがあります。これが「超新星爆発」です。では、どのような星がどうやって超新星爆発を引き起こすのでしょうか?この謎に迫るため、超新星爆発の「瞬間」を捉えようとする研究の最前線と舞台裏をお伝えします。

申込受付:2016年3月29日(火)午後5時まで

講座概要

講座日程 2016年 4月16日 (土)
時間 18:30〜20:30
定員 25 人 (定員を超えた場合は抽選です)
回数 1回
受講料 3,000 円
難易度 ★★☆
会 場 三鷹ネットワーク大学
申し込み Web、FAX、窓口、郵送
受付期間

※スクロールしてご確認ください→

日程 開催時間 会場 担当講師
第1回
4月16日
18時30分〜20時30分 三鷹ネットワーク大学 ゲスト:田中 雅臣 国立天文台理論研究部助教
ホスト:梅本 真由美 天文ライター アストロノミー・パブ店主

講師

梅本 真由美(ウメモト マユミ )  長野県出身。おひつじ座。
 2002年、天文学者の生態をユーモラスに描いたホームページ 「天文台マダム日記」を公開。ホームページがきっかけとなりライターに。08年から2年半にわたり朝日新聞(山梨版)にてコラム『高原のこもれび』『東方見聞録』を隔週で連載。天文関連の取材記事を月刊天文ガイド、月刊星ナビなどに執筆。プラネタリウム番組の曲を作詞・作曲するなど音楽活動も行っている。
 国立天文台VERAプロジェクトの公式Webにて、インタビュー記事「天文台マダム VERAに夢中!」を連載中。
田中 雅臣(タナカ マサオミ ) 国立天文台理論研究部助教
 愛知県出身。宇宙で起きる超新星爆発などの爆発現象の謎を研究する天文学者。すばる望遠鏡などを用いて星が爆発する瞬間を捉えようとしている。また、「重力波」を放つ天体を発見するため、スーパーコンピュータを使った数値シミュレーションを行いながら、重力波源の探査観測も行っている。2015年には著作『星が「死ぬ」とはどういうことか』(ベレ出版)を出版。

戻る