講座詳細

アストロノミー・パブ2017年5月 
「君の名は。」で学ぶ地球衝突天体

Image20170329-19385-1oy4mzz

講座趣旨

  アストロノミー・パブとは、市民と専門家との間の相互コミュニケーションを目的とした、サイエンス・カフェの天文版です。ホストとゲストによる「トークタイム」、その後は講師や参加者同士と自由に対話を楽しむ立食形式の「パブタイム」です。普段から疑問に思っている事や自分のアイデアを、講師や参加者同士で楽しく語り合いましょう。

 1200年ごとに回帰する彗星の片割れが地球に衝突するという千載一遇の機会を巡り、男女の運命を描く新海誠監督の「君の名は。」。地球に大接近して壮大な尾を見せる彗星とその接近軌道、地球大気圏に突入して流星・火球となる分裂破片、衝突クレーター形成など、最先端の太陽系天文学によって紐解くと、この映画の奥深さが倍増します。あの日、流星が降った日、それはまるで夢の景色のように、天文学者にとってもただひたすらに感動的な眺めだった!

講座概要

講座日程 2017年 5月20日 (土)
時間 18:30〜20:30
定員 25 人 (定員を超えた場合は抽選です)
回数 1回
受講料 3,000 円
難易度 ★★☆
会 場 三鷹ネットワーク大学
受付期間 4月4日(火)午前9時30分〜4月27日(木)午後5時まで
日程 開催時間 会場 担当講師
第1回
5月20日
18時30分〜20時30分 三鷹ネットワーク大学 ゲスト:阿部 新助 日本大学理工学部 准教授
ホスト:内藤 誠一郎 国立天文台 天文情報センター 広報普及員

講師

阿部 新助 (あべ しんすけ ) 日本大学理工学部 准教授
 197x年、埼玉県生まれ。総合研究大学院大学(国立天文台)博士課程修了。博士(理学)。専門は流星・彗星・小惑星などの太陽系小天体、特に天体衝突に関わる天文現象。宇宙科学研究所、チェコ共和国科学アカデミー、神戸大学、台湾國立中央大学を経て、平成25年より現職。平成22年「はやぶさ感謝状」文部科学大臣・宇宙開発担当大臣表彰。人工流れ星、超小型深宇宙探査機EQUULEUS、小惑星探査機Hayabusa2などのプロジェクトに参加している。
内藤 誠一郎(ないとう せいいちろう ) 国立天文台 天文情報センター 広報普及員
 東京大学大学院理学系研究科天文学専攻博士課程満期退学。修士(理学)。電波天文学を専門とし、野辺山やチリの望遠鏡を用いて分子雲進化と星形成過程の研究を行った。天文学と社会とのコミュニケーション促進に取り組み、国立天文台では科学文化形成ユニットを経て、2012年から現職。執筆参加に『動く図鑑 MOVE 宇宙』(講談社)、DVDマガジン『宇宙の神秘』(アシェット・コレクションズ・ジャパン)等。東京都出身。

戻る