講座詳細

絵本編集者の仕事とその視点。

Image20170509-11991-1oay36x

※用紙で受講者登録または講座申し込みをされる場合は上記からダウンロードしてください。

この講座を申し込む

講座趣旨

おとなの知的好奇心を刺激する絵本講座
“おとな絵本ラウンジ” レクチャーシリーズ

 多様な人々と様々な視点で絵本を楽しむ場“おとな絵本ラウンジ”のレクチャーシリーズは、今、絵本の世界で活躍する人々や活動を紹介する講座です。講師には、絵本作家、作家、美術家、デザイナー、編集者、キュレーターなど、様々な立場で絵本にかかわる方々をお招きします。
 今回の講師は、長年、福音館書店で月刊絵本「こどものとも」「かがくのとも」をご担当され、多くの人気絵本を手がけられてこられた澤田精一さんです。これまで関わってきた絵本を事例に、編集者の仕事や視点をご紹介いただきます。

 絵本編集者の仕事内容は、じつはあまり知られていない。作家とのあいだにどんなやりとりがあり、どのような過程を経て絵本ができていくのか。
 長年、編集者として、多くの人気絵本を手がけてこられた澤田精一さんに、「絵本編集者の仕事とその視点。」について、お話いただきます。
 今回は、この講座を主催する三鷹市星と森と絵本の家でも多く扱う「科学絵本」を中心にお話いただく予定です。

講座概要

講座日程 2017年 6月 4日 (日)
時間 14:00〜16:00
定員 40 人 (先着制)
回数 1回
受講料 1,000 円
難易度 ★☆☆
会 場 三鷹ネットワーク大学
受付期間 5月9日(火)午前9時30分より
日程 開催時間 会場 担当講師
第1回
6月 4日
14時00分〜16時00分 三鷹ネットワーク大学 澤田 精一 元・福音館書店 絵本編集者

講師

澤田 精一(さわた せいいち ) 元・福音館書店 絵本編集者
 1948年千葉県生まれ。福音館書店で児童文学専門誌「子どもの館」、月刊絵本「こどものとも」「こどものとも年少版」「かがくのとも」を担当し、大竹伸朗「ジャリおじさん」、スズキコージ「きゅうりさん あぶないよ」、飯野和好「むかでのいしゃむかえ」、伊藤比呂美・片山健「なっちゃんのなつ」などを編集する。白百合女子大学、日本女子大学で非常勤講師、児童文学評論誌「季刊ぱろる」編集委員、ピンポイントギャラリー絵本コンペ審査員をそれぞれ勤める。著作に「ひそませること/あばきたてること―絵本編集の現場から」(現代企画室)、共著として「科学絵本とは何か」(「絵本と社会」朝倉書店)、「不条理絵本とは何か」(「絵本ものがたりFIND」朝倉書店)などがある。
梅澤 尚子(うめざわ なおこ ) 絵本コーディネーター・絵本勉強家
 2013年より、絵本を学ぶ場、楽しむ場「おとな絵本ラウンジ」開催。
 おとな絵本ラウンジ:http://otonaehon.jimdo.com/

戻る