講座詳細

アジア・アフリカ語学体験講座 ヒンディー語【入門体験クラス】

A2150600.pdf

講座趣旨

専門学校アジア・アフリカ語学院 寄付講座
語学体験講座(入門体験クラス / 中・上級クラス)
 
 アジア・アフリカ地域の言葉の魅力を知っていただく機会として、今春も語学の体験講座を開講します。
 韓国語、アラビア語、ヒンディー語、ロシア語、インドネシア語、ウルドゥー語、中国語の7言語の入門体験クラスでは、それぞれの言葉が話されている国や地域のことに触れつつ、言葉の特徴を紹介します。短い時間ですが、話したり書いたりすることにも挑戦します。韓国語の中・上級クラスは、韓国語を学習し2〜3年あるいはハングルの読み書きができる方を対象とし、現在韓国で流行しているドラマや日常生活でよく使う表現や会話を中心に学びます。

講座概要

講座日程 2021年 4月10日 (土)
時間 10:00〜12:10
定員 6 人 (先着制)
回数 1回
受講料 500 円
難易度 ★☆☆
会 場 三鷹ネットワーク大学
受付期間 3月9日(火)午前9時30分〜4月9日(金)午後8時

※スクロールしてご確認ください→

日程 開催時間 会場 担当講師 内容
第1回
4月10日
10時00分〜12時10分 三鷹ネットワーク大学 雪下 洋一 ヒンディー語 入門体験クラス
 ヒンディー語は、インドの公用語で国民の半数以上の人が理解し、世界で活躍するインド人の共通語です。
 本講座では、ローマ字表記で挨拶語や短い会話文を学びます。ヒンディー語の基本的な文法構造が理解でき、簡単な会話ができるようになります。

講師

雪下 洋一(ゆきした よういち ) 専門学校アジア・アフリカ語学院講師
 アジア・アフリカ語学院インド語学科を1977年に卒業。インド留学5年間で大学卒業と教師資格を取得。
82年からヒンディー語講師を勤める。
( )

戻る