講座詳細

アジア・アフリカ語学体験講座 ΕΕ襯疋ァ叱譟敍門体験クラス】

A2150600.pdf

講座趣旨

専門学校アジア・アフリカ語学院 寄付講座
語学体験講座(入門体験クラス / 中・上級クラス)
  
 アジア・アフリカ地域の言葉の魅力を知っていただく機会として、今春も語学の体験講座を開講します。
 韓国語、アラビア語、ヒンディー語、ロシア語、インドネシア語、ウルドゥー語、中国語の7言語の入門体験クラスでは、それぞれの言葉が話されている国や地域のことに触れつつ、言葉の特徴を紹介します。短い時間ですが、話したり書いたりすることにも挑戦します。韓国語の中・上級クラスは、韓国語を学習し2〜3年あるいはハングルの読み書きができる方を対象とし、現在韓国で流行しているドラマや日常生活でよく使う表現や会話を中心に学びます。

講座概要

講座日程 2021年 4月10日 (土)
時間 13:00〜15:10
定員 6 人 (先着制)
回数
受講料 500 円
難易度 ★☆☆
会 場 三鷹ネットワーク大学
受付期間 3月9日(火)午前9時30分〜4月9日(金)午後8時

※スクロールしてご確認ください→

日程 開催時間 会場 担当講師 内容
第1回
4月10日
13時00分〜15時10分 三鷹ネットワーク大学 露口 哲也 ウルドゥー語 入門体験クラス
 ウルドゥー語はパキスタンの国語で、インドの公用語の一つでもあります。姉妹言語ヒンディー語と併せると数億にのぼる話者人口を数える南アジアの有力言語です。本講座では、こうした背景を持つこの言語の成り立ち、文字と発音、文法構造などウルドゥー語の輪郭についてお話しします。

講師

露口 哲也(つゆぐち てつや ) 専門学校アジア・アフリカ語学院講師
 立教大学大学院文学研究科史学専攻前期課程修了。現在東京外国語大学非常勤講師兼任。著書に『まずはこれだけウルドゥー語』(国際語学社)、また、共訳書に『パンジャーブ生活文化誌』(平凡社東洋文庫702)がある。

戻る