「緊急事態宣言」の期間延長にともない6月25日(金)に変更しました。ご注意ください。

講座詳細

三鷹の夜☆月いち読書会(第2回)
科学と文学の間(あわい)に

%e3%80%90%e5%a4%89%e6%9b%b4%e7%89%88%e3%80%91pdf

※用紙で受講者登録または講座申し込みをされる場合は上記からダウンロードしてください。

この講座を申し込む

講座趣旨

 三鷹ネットワーク大学では、4月から月1回夜の読書会を開催しています(8月と3月除く)。本や読書に関心のある方を対象に、毎月1冊の本をめぐって楽しく語り合い、交流する場にしたいと考えています。毎月のテーマ本をあらかじめお知らせして、国内外のSF小説を中心にコミック、科学エッセイなど幅広く読んでいく予定です。
 在宅勤務・リモートワークといった“おうち時間”が増えるなか、ちょっと非日常の世界に遊んでみませんか?興味のある方、ぜひお気軽にお集まりください。

【選書・進行役の「空犬太郎」から一言】
 この読書会は、あくまで、本を楽しむ、読書を楽しむためのものです。作品を文学的に読み解くような、文学研究の会ではありません。読み方は自由。誤読を心配する必要も、感想をうまくことばにする必要もありません。そんな気軽な読書会を一緒に楽しみませんか。

【課題図書】
高山 羽根子『首里の馬』(新潮社)
 2020年度上半期、第163回芥川賞受賞作。「この島のできる限りすべての情報を守りたい―。いつか全世界の真実と接続するように。世界が変貌し続ける今、しずかな祈りが胸にせまる」(「BOOK」データベースより)。

講座概要

講座日程 2021年 6月25日 (金)
時間 19:00〜20:30
定員 12 人 (先着制)
回数 1回
受講料 500 円
教 材 課題図書:高山 羽根子『首里の馬』(新潮社)※ご自身でご用意ください。
難易度 ★☆☆
会 場 三鷹ネットワーク大学
受付期間 5月6日(火)午前9時30分〜6月24日(木)午後9時※窓口申込:6月1日(火)午前9時30分〜6月24日(木)午後9時

※スクロールしてご確認ください→

日程 開催時間 会場 担当講師 内容
第1回
6月25日
19時00分〜20時30分 三鷹ネットワーク大学 空犬 太郎 高山 羽根子『首里の馬』(新潮社)
【今回の選書ポイント】1つのジャンルにこだわらず、横断的に活躍する作家がいます。SFの賞でデビューし、2020年に芥川賞を受賞した高山羽根子もそうした書き手の一人。今回はその芥川賞受賞作を取り上げます。「資料館」「情報」「馬」など、深読みを誘うキーワードがいくつも登場する、沖縄を舞台にした奥の深い、読み解きがいのある作品です。

講師

空犬 太郎(そらいぬ たろう )  1968年生まれの編集者・ライターです。ブログ「空犬通信」とツイッターで本・本屋関連情報を日々発信しています。読書以外の趣味は音楽で、ギターとアナログレコードを偏愛しています。編著書(いずれも共著)に、『ぼくのミステリ・クロニクル』(国書刊行会)、『本屋図鑑』『本屋会議』(夏葉社)、『本屋はおもしろい!!』『子どもと読みたい絵本200』『本屋へ行こう!!』(洋泉社)があります。

戻る