定員に達したため、申込を終了いたしました。キャンセル待ちをご希望の方は事務局へお問い合わせください。

講座詳細

インタラクティブ・フォーカシングをベースにしたピア・カウンセリング講座
ベーシック 屮蹈献磧璽困離ウンセリング」【ミニ体験学習あり】

A2232900.pdf

講座趣旨

インタラクティブ・フォーカシングをベースにしたピア・カウンセリング講座
ベーシック 屮蹈献磧璽困離ウンセリング」【ミニ体験学習あり】

 ピアは仲間、対等な立場の人を指す言葉です。本講座では、カウンセラーとクライアント(相談をする人)という役割を固定せずに、お互いに両方の役割を交互に担いながら、相互理解を深めていくコミュニケーション活動をピア・カウンセリングと定義します。インタラクティブ・フォーカシングは、相手の話を共感的に理解することを目指す技法です。
 ベーシックは.蹈献磧璽困離ウンセリング、▲献Д鵐疋螢鵑離侫ーカシング、インタラクティブ・フォーカシングという3つのテーマで行います。ミニ体験学習もあります。カウンセリングの理論や方法に関心をお持ちの方のご参加をお待ちしています。

講座概要

講座日程 2022年 5月27日 (金)
時間 10:00〜11:30
定員 12 人 (先着制)
回数 1回
受講料 0 円
難易度 ★☆☆
会 場 三鷹ネットワーク大学
受付期間 4月19日(火)午前9時30分〜5月26日(木)午後9時

※スクロールしてご確認ください→

日程 開催時間 会場 担当講師 内容
第1回
5月27日
10時00分〜11時30分 三鷹ネットワーク大学 酒井 久実代 インタラクティブ・フォーカシングをベースにした ピア・カウンセリング講座―ベーシック 屮蹈献磧璽困離ウンセリング」【ミニ体験学習あり】
【内容】
 「相談を受けて、適切なアドバイスをすること」とは異なる「カウンセリング」という独特の方法を最初に確立したロジャーズの理論と方法をご紹介します。
第1部 理論
 ロジャーズはカウンセラーに必要な態度を3つにまとめています。それは「無条件の肯定的尊重」「共感的理解」「自己一致」です。これらの態度について詳しく見ていきましょう。また、なぜこれらの態度が重要なのかについても考えていきたいと思います。
第2部 ミニ体験学習
 3つの態度は、日常生活におけるコミュニケーションを円滑にすることにも役立ちます。実際に試してみましょう。

講師

酒井 久実代(さかい くみよ ) 和洋女子大学 人文学部 心理学科 教授、ピア・カウンセリング研究会 主宰
 立教大学大学院文学研究科心理学専攻博士後期課程満期退学。博士(臨床心理学)。北海道教育大学保健管理センター助教授、日本女子体育大学教授を経て、現職。臨床心理士、公認心理師として主に教育分野で臨床実践を積む。国際フォーカシング研究所認定フォーカシング・トレーナー、インタラクティブ・フォーカシング・ティーチャーとしてフォーカシングの普及活動を行っている。

戻る