講座詳細

世界を変える17の目標とは?!
―この夏からできるSDGsのテーマを考えよう!

Image20190707-24219-wfxmex

講座趣旨

フードバンクみたか・三鷹市社会福祉協議会・三鷹ネットワーク大学 共催
"フードバンク × SDGs × Mitaka"
世界を変える17の目標とは?!
――この夏からできるSDGsのテーマを考えよう!

 SDGs を知っていますか? SDGs とは、世界共通のこれからの地球についての17の目標です。
 この講座では、身近な食品をとおして、地球の将来について考えていきます。
 中高生・大学生向けの講座です。
 この夏からできるSDGs のテーマについて一緒に考えてみませんか!

<プログラム>
13:00〜 ■ あいさつ
     ■ 講義:山藤旅聞 先生
     ■ フードバンクみたかの紹介
     ■ 三鷹の事例紹介×3件
       NPOフォーラムへの参加企画の提案、
       オープニングイベントへの参加
     (フードバンクみたかのPRとフードドライブの受付)
       ※ 変更になりました。
       フードバンクみたか活動体験
       みたかボランティアセンターまつりでの
        フードドライブの運営
15:15〜 ■ ワークショップ(カードづくり)
15:30〜 ■ 懇親会 ※自由参加、無料です。
 16:00

<お申し込み方法>7月9日(火)午前9時30 分〜
・電話  0422-40-0313
     氏名、学年、メールアドレス、電話番号、
     ※中学生・高校生の場合には保護者氏名、電話番号
・メール info@mitaka-univ.jp

【SDGs ってなに?】
 SDGs は「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略で、「エス・ディー・ジーズ」と読みます。2015 年に国連サミットで採択された、2030 年までの国際目標です。
 今の地球には、貧困、格差、不平等などたくさんの課題があります。SDGs は、こうした課題の解決を目指す、17 のゴール・169のターゲットから構成されます。

【「フードバンクみたか」とは?】
 まだ食べられる食品がさまざまな理由で処分されてしまう一方、日々の食事が手に入らなくて困っている人々がいます。「食品ロスを考え、そして食のセーフティネットに取り組み、助け合う気持ちや食品を分かち合う活動を一緒にはじめませんか」という、三鷹市社会福祉協議会からのボランティア活動参加の呼びかけで集まった有志たちで活動が始まった、生まれたばかりのフードバンクです。

講座概要

講座日程 2019年 8月 6日 (火)
時間 13:30〜15:30
定員 30 人  対象:中学生、高校生、大学生
回数 1回
受講料 0 円
難易度 ★☆☆
会 場 三鷹ネットワーク大学
申し込み 電話、電子メールで お申し込みできます。
受付期間 7月9日(火)午前9時30分より

※スクロールしてご確認ください→

日程 開催時間 会場 担当講師 内容
第1回
8月 6日
13時30分〜15時30分 三鷹ネットワーク大学 山藤 旅聞  時流を読み解くことで、世界共通の17の目標であるSDGs が誕生した理由について解説し、将来の地球について考えるきっかけを提供します。私たちの身近な生活にSDGsがいかに関わっているかをチョコレートを通じて、理解を深めてもらいます。また、講師からは小中学校で社会とつながることで実践しているSDGs アクションの事例を紹介します。
 さらに、カードづくりのワークショップをとおして、各々の問題意 識を地域に落とし込んだときにどんなアクションができるのかを、この夏の課題として考えてもらいます。

講師

山藤 旅聞(さんとう りょぶん ) コミュニケーター、(一社)Think the Earth SDGs for School アドバイザー、新渡戸文化学園小中学校・高等学校 生物教諭、学校デザイナー
 1980 年東京都生まれ。都立高等学校・附属中学校に教諭として15 年間勤め、2019 年に新渡戸文化小中学校・高等学校の教諭として着任し、完全プロジェクト型の学校づくりを目指している。また、対話式双方向性授業と名付けるユニークな授業スタイルで展開している。
 一般社団法人Think the Earth の企画するSDGs for School ではアドバイザーとして、企業や学校で講演活動を実施。東京都・檜原村の耕作放棄地でオーガニックコットンを育てたり、ボルネオ島へのスタディツアーを企画するなど幅広く活動。『未来教育デザインConfeito』共同設立者。

戻る