講座詳細

AI時代の防犯カメラ
― 監視カメラと個人情報保護の最新動向 ―

Image20190803-19583-quw2bk

講座趣旨

公立大学法人 首都大学東京 産業技術大学院大学 寄付講座
AI時代の防犯カメラ―監視カメラと個人情報保護の最新動向
 産業技術大学院大学は、大学院の教育研究成果を広く社会へ還元するとともに、学位等にとらわれず、地域・産業界のニーズにタイムリーに応えたカリキュラムを提供する場として、オープンインスティテュート(OPI)を設置しています。
 OPIでは、企業の経営層や技術者の方々はもちろん、多様な職業に従事する方々や幅広い年代の方々を対象として、実践的な専門講座、セミナー、フォーラム、研究会を数多く開催しています。
 今回はそのようなOPI事業の一環として、三鷹ネットワーク大学にて、出張講座を開催いたします。
 今回の講座内容に関心を持たれた方は、本学で開講している「情報セキュリティ特論」、「情報セキュリティ特別講義1(リスクマネジメント論)」、「情報セキュリティ特別講義2(セキュア設計論)」等にて、セキュリティや個人情報保護技術の基礎から応用までをより深く学ぶことができます。
なお、AIIT単位バンク制度(科目等履修生制度)では、社会人のみなさまが仕事に活かせる講座を1科目から受講することができます。ぜひご活用ください。

【申し込み】 産業技術大学院大学へ
申込受付:8月6日(火)午前9時30分から
申込方法:産業技術大学院大学OPI企画運営係へ
HP(イベントコミュニティサイトDoorkeeperからのお申し込みとなります): 
https://aiit.doorkeeper.jp/events/94681

※本件に関するお問合せ先
産業技術大学院大学OPI企画運営係
筺03-3472-7833  メール:opi@aiit.ac.jp

講座概要

講座日程 2019年 9月 6日 (金)
時間 19:00〜20:30
定員 80 人 (先着制)
回数 1回
受講料 0 円
難易度 ★☆☆
会 場 三鷹ネットワーク大学
申し込み 産業技術大学院大学OPI企画運営係へ 専用HPにて受付。
受付期間 8月6日(火)午前9時30分より

※スクロールしてご確認ください→

日程 開催時間 会場 担当講師 内容
第1回
9月 6日
19時00分〜20時30分 三鷹ネットワーク大学 瀬戸 洋一  国内に設置された防犯カメラの設置台数は500万台を越え、東京オリンピックに向け、さらに増加傾向にある。また近年、防犯目的に設置されたカメラ画像の多目的利用の期待が高まっている。例えば、書店では、万引きによる被害が大きく、書店間で顔画像を共有し過去に万引きした者が入店した場合、アラームを警告するシステムを構築した事例がある。改正個人情報保護法(2015年施行)により、個人情報とは異なる匿名加工情報が定義され、ビッグデータ解析などにより、マーケティング分野での利用も可能となった。実際、コンビニや百貨店では、顧客の属性(性別、年代)などを収集することでマーケティングに用いている。つまりカメラで単に顔データの防犯目的の撮影録画だけでなく、AI技術を用い匿名化したデータの利活用を行なっているのが実態である。本講座では、皆さんの身の回りの監視カメラの最先端の利用実態と個人情報保護の状況を紹介する。

講師

瀬戸 洋一(せと よういち ) 産業技術大学院大学 産業技術研究科 情報アーキテクチャ専攻(教授)
 (株)日立製作所の研究所にて、衛星画像や医療画像処理システム、セキュリティ技術の研究開発に従事。2006年に産業技術大学院大学 教授に就任。情報セキュリティおよびプライバシー保護技術の教育研究に従事。現在に至る。
 社会活動として、法務省行政事業レビュー委員、自治体個人情報保護審議会委員、国際標準化委員会国内委員長、学会研究会委員長、国家試験問題作成委員などを歴任。情報セキュリティ、プライバシー、個人認証関係の著書多数。工学博士、技術士、情報処理安全確保支援士、個人情報保護士

戻る