講座詳細

アストロノミー・パブ9月
EHTメンバーが語る、ブラックホール撮影の舞台裏

Image20190801-19583-1i1a5k0

※用紙で受講者登録または講座申し込みをされる場合は上記からダウンロードしてください。

この講座を申し込む

講座趣旨

国立天文台企画サロン アストロノミー・パブ
 アストロノミー・パブは、市民と専門家との間の相互コミュニケーションを目的とした、サイエンス・カフェの天文版です。前半はホストとゲストによる「トークタイム」、後半は講師や参加者同士と自由に対話を楽しむ立食形式の「パブタイム」です。普段から疑問に思っている事や自分のアイデアを、講師や参加者同士で楽しく語り合いましょう。
 今回は拡大版として開催します!

講座概要

講座日程 2019年 9月21日 (土)
時間 18:30〜20:30
定員 40 人 (定員を超えた場合は抽選です)
回数 1回
受講料 3,000 円
難易度 ★★☆
会 場 三鷹ネットワーク大学
受付期間 8月6日(火)午前9時30分〜8月27日(火)午後5時

※スクロールしてご確認ください→

日程 開催時間 会場 担当講師 内容
第1回
9月21日
18時30分〜20時30分 三鷹ネットワーク大学 ゲスト:本間 希樹、永井 洋
ホスト:梅本 智文
 2019年4月、これまで人類が見たことのなかった「ブラックホールの影」の写真が初めて公表されました。この成果は、国際プロジェクトであるイベント・ホライズン・テレスコープ(EHT)の観測によって達成されたもので、世界各国の200名を超える研究者が協力して世界6か所8台の電波望遠鏡を使って地球サイズの「瞳」を合成して得られたものです。
 今回の講座では、同プロジェクトのメンバーである講師2名が、この写真がどのように得られたのか、また今回の成果がどのような意義を持つのかなどを、研究の舞台裏も含めてわかりやすく解説します。

講師

本間 希樹(ほんま まれき ) 国立天文台 水沢VLBI観測所 教授
 1971年、アメリカ合衆国テキサス州生まれ、神奈川県育ち。東京大学大学院理学系研究科天文学専攻博士課程を修了し、博士(理学)の学位を取得。現在、国立天文台水沢VLBI観測所教授。
 専門は、超高分解能電波観測による銀河系天文学。特に、銀河系の構造研究と、巨大ブラックホールの研究。現在、巨大ブラックホールを事象の地平線スケールまで分解する、EHT (Event Horizon Telescope) プロジェクトに日本側責任者として参加し、先日公開されたM87中心部の巨大ブラックホールの影の撮影成功に貢献した。
永井 洋(ながい ひろし ) 国立天文台 アルマプロジェクト 特任准教授
 1979年、神奈川県生まれ。博士(理学)。専門は電波天文学で、巨大質量ブラックホールから噴出する相対論的ジェットの研究を行う。総合研究大学院大学で学位取得後、2007年国立天文台研究員、10年宇宙科学研究所招聘職員を経て、11年5月より国立天文台アルマプロジェクトに着任。アルマ東アジア地域センターにて、アルマの科学運用、ユーザーのサポート業務に携わる。アルマの偏波観測機能の立ち上げを牽引し、18年に国立天文台台長賞を受賞。イベント・ホライズン・テレスコープのメンバーとして、ブラックホールシャドウの可視化にも貢献。日本酒、イタリアワインをこよなく愛する。
梅本 智文(うめもと ともふみ ) 国立天文台 野辺山宇宙電波観測所 助教
 1961年、福岡県生まれ。東北大学大学院博士課程修了。博士(理学)。専門は電波天文学、星形成。星がどのように生まれ、その質量がどうして決まるかを明らかにするため、野辺山45m電波望遠鏡を用いて、私たちの天の川銀河の分子雲をくまなく観測するレガシープロジェクト「銀河面サーベイ」に携わっている。2009〜12年にNHK教育テレビ高校講座・地学の講師も務めた。好きな飲み物は地ビール。海外出張時には地元のビールを好んで飲む。

戻る