講座詳細

未来のために知っておきたい!SDGsからみえるエネルギー問題

Image20190821-32571-lioxw4

講座趣旨

フードバンクみたか・三鷹市社会福祉協議会協力講座
" SDGsについて考えるレクチャー・シリーズ"
未来のために知っておきたい!SDGsからみえるエネルギー問題
 食品を分かち合う活動を共に始めようという有志たちにより「フードバンクみたか」が6月末に設立されました。これを記念し、世界共通のこれからの地球についての17の目標であるSDGsを切り口に、フードロスを考える講座“フードバンク×SDGs×MITAKA”を三鷹ネットワーク大学で開催しています。
 上記の講座と合わせて行われるこの勉強会講座では、食料問題だけにとどまらず世界で起きている問題・実践について幅広く紹介していき、グローバルな視点を提供していきます。

講座概要

講座日程 2019年 9月20日 (金)
時間 19:00〜20:30
定員 40 人 (先着制)
回数 1回
受講料 500 円
難易度 ★☆☆
会 場 三鷹ネットワーク大学
受付期間 8月20日(火)午前9時30分より

※スクロールしてご確認ください→

日程 開催時間 会場 担当講師 内容
第1回
9月20日
19時00分〜20時30分 三鷹ネットワーク大学 ターレク・カトラミーズ  2015年に採択された「SDGs」以降、世界は再生可能エネルギー導入を軸としたエネルギーシフト、つまり持続可能な脱炭素社会の構築に向けたシフトを、確実かつ急速に実現し始めました。本講座では、SDGsから見るエネルギー問題などを紹介し、先進国と途上国におけるエネルギーガバナンスの課題について説明し、最後に私たち一人一人に何ができるかを一緒に考えていこうと思います。

講師

ターレク・カトラミーズ(Tarek Katramiz ) 国際連合大学サスティナビリティ高等研究所JSPS-UNUリサーチフェロー
 シリア共和国出身。ダマスカス大学で学士(日本語学科)取得。JICAシリア事務所に現地スタッフとして2年間勤め、2008年に来日し東京外国語大学での日本学の研究の後、慶應義塾大学の政策メディア研究科より修士号と博士号を取得。18年9月から国際連合大学サスティナビリティ高等研究所(UNU-IAS)リサーチフェローとして、SDGs(持続可能な開発目標)のためのガバナンス課題を研究。

戻る