講座詳細

「地方自治と市民参加――生活者として考え・かかわる三鷹のまちづくり」
みたか地球市民講座 基礎講座

B2151500.pdf

※用紙で受講者登録または講座申し込みをされる場合は上記からダウンロードしてください。

この講座を申し込む

講座趣旨

「地方自治と市民参加――生活者として考え・かかわる三鷹のまちづくり」
 「地方自治」は明治憲法にはなかった、戦後民主主義の新しい理念であり、中央の権力を抑制する立憲主義の考え方も含んでいます。戦後76年、自治の理念は私たちの生活に根づいたでしょうか。三鷹では自治基本条例の精神を基礎に、市民の参加と協働、声と汗を通してまちづくりの歩みを重ねてきました。とはいえ、自治も分権もまだ道半ば。地域の課題山積の中で市民自治の理想にどう近づくか、生活者の立場から考えます。

「みたか地球市民講座」とは
(1)「不安な時代」を生き抜くための学び
 終身雇用の崩壊、新型コロナウイルス感染症の流行など、先行きの見えない「不安な時代」にわたしたちは生きています。こうした時代にこそ、学びを通して確かな視座を構築していきましょう。
(2) 地域から世界を考える
 地域から国全体や世界を考える、ボトムアップ型の講座です。三鷹という地域にいかりを下ろし、そこから地域や世界を見渡し、一緒にじっくり考えていきましょう。
(3)地域の“大学”としての新たな取り組み
 三鷹ネットワーク大学は地域性を生かし、コミュニティを育み、学びを創出する、地域の“大学”です。「みたか地球市民講座」を通して、みなさんと協働して新たな学びを創っていきましょう。

 基礎講座では、主に三鷹、多摩というローカルな視点から学んでいきます。「みたか地球市民講座」の基礎となる講座です。

※ 講座の性格上、実地での参加が望ましいですが、毎回来館できない方むけに、オンライン(Zoom)でも配信します。第1回にオンライン参加ご希望の方は、申込時にその旨をお知らせください。講座後には見逃し配信も行います。

講座概要

講座日程 2021年 7月17日 (土)
 〜2021年 9月18日 (土)
時間 下記をご確認ください。
定員 24 人 (先着制)
回数 5回 (通し講座)
受講料 一     般 3,000 円
市     民 2,500 円
市民在勤・在学 2,500 円
市 民 学 生 2,500 円
会     員  円
難易度 ★★☆
会 場 下記をご確認ください。
受付期間 6月22日(火) 午前9時30分から8月20日(金)閉館まで

※スクロールしてご確認ください→

日程 開催時間 会場 担当講師 内容
第1回
7月17日
14時00分〜15時30分 三鷹ネットワーク大学 西尾 隆 住民・市民・生活者と地域の諸課題
 地域で生活する私たちは一体何者だろうか。地方自治法上は住民、行政サービスを受ける時は消費者、費用を負担するのは納税者、投票する時は主権者、自治基本条例では市民。そのさまざまな横顔から地域の諸課題について考える。
第2回
8月 7日
14時00分〜15時30分 三鷹ネットワーク大学 西尾 隆 地方自治の理念と国−自治体関係のダイナミズム
 戦後改革によって憲法に書き加えられた新しい憲政の理念、地方自治。しかし人々がその重要性に気づき、分権改革が実現するには半世紀の時間を要した。緊張に満ちた国−自治体関係の変化をふり返り、自治・分権の今を検証する。
第3回
8月21日
14時00分〜15時30分 三鷹ネットワーク大学 西尾 隆 三鷹の歴史とコミュニティの今
 明治22年に神奈川県北多摩郡三鷹村が誕生して以降、東京府移管、工業化と戦争、1950年の市政施行、武蔵野市との合併破談、都市化の進展とコミュニティの変容、下水道完成からIT先進都市に至るまで130年の歩みを跡づける。
第4回
9月 4日
14時00分〜15時30分 三鷹ネットワーク大学 西尾 隆 参加・協働の諸相と計画策定へのかかわり方
 自治体の計画過程にとって市民の参加・協働はどんな意義をもつのか。「情報なければ参加なし」「参加なければ計画なし」とは何を意味するのか。「みたか市民プラン21会議」の経験などから、まちづくりへの参加のあり方を探る。
第5回
9月18日
14時00分〜15時30分 三鷹ネットワーク大学 西尾 隆 コロナ禍と明日の三鷹のまちづくり
 コロナ禍で三鷹市民はどんな影響を受け、市はどう対応してきたか。議会は何を議論し、行政は何を迫られてきたのか。緊急事態宣言、定額給付金、ワクチン接種、五輪開催など非日常の経験から、明日のまちづくりを展望する。

講師

西尾 隆(にしお たかし ) 国際基督教大学教養学部 特任教授
 1955年広島県生まれ。修道高校を経て、1978年国際基督教大学(ICU)教養学部卒業。1986年同大学院行政学研究科博士後期課程修了(学術博士)。同年からICUで教鞭をとり、2020年より特任教授。この間、プリンストン大学客員フェロー、ロンドン経済大学客員研究員、参議院客員研究員など。専門は行政学・地方自治論。著書に『日本森林行政史の研究』『公務員制』(いずれも東京大学出版会)。

戻る