講座詳細

アジアとの共生を牽引する真のグローバル企業を考える(第5回)
アジアで拡大するコンテンツビジネスと日本企業の戦略

C1544400

講座趣旨

 本講座は、アジア経済の動きを捉え、アジア市場を取り込む日本企業のビジネス展開について、10回に渡り講義していきます。講師陣は、亜細亜大学・前学長の池島政広氏を筆頭に、アジアビジネスについて精通する講師を迎え、最新の情報を取り入れながら分かりやすく講義してまいります。
 今年度も、亜細亜大学寄付講座・西武信用金庫後援、亜細亜大学、西武信用金庫、アジア・国際経営戦略学会、アジアコンテンツビジネス研究会共同企画として開催いたします。
 アジアにご関心のある企業の方々、あるいは今動いているアジアのホットな話題に触れたい市民の方々にご参加いただければ幸いです。

 日本のコンテンツ産業の市場規模は、2007年度の13兆450億円をピークに微減し続けています。一方アジアのコンテンツ市場は拡大を続け、中国は肩を並べるほどになり、各国で成長を続けており、海外展開、特にアジア展開では韓国の後背になりつつある状況です。今後日本のコンテンツ産業は、成長戦略の中でアジアへの外注から、共同事業を基に北米市場を目指していく動き等の実例を交え、生きたアジア展開論を解説する予定です。

講座概要

講座日程 2015年12月16日 (水)
時間 19:00〜20:30
定員 20 人 (先着制)
回数 1回
受講料 0 円
教 材 レジュメ資料ほか
難易度 ★★☆
会 場 三鷹ネットワーク大学
受付期間

※スクロールしてご確認ください→

日程 開催時間 会場 担当講師
第1回
12月16日
19時00分〜20時30分 三鷹ネットワーク大学 香山 俊巳 株式会社ケイズビュー代表取締役、亜細亜大学大学院非常勤講師

講師

香山 俊巳(コウヤマ トシミ ) 株式会社ケイズビュー代表取締役、亜細亜大学大学院非常勤講師
 早稲田大学大学院公共経営研究科修士課程修了。亜細亜大学大学院アジア・国際経営戦略研究科講師、株式会社ケイズビュー・株式会社Lemay Printing Japan 代表取締役。アジアコンテンツビジネス研究会副会長、アジア・国際経営戦略学会・国際戦略シナジー学会理事等。専門は公共経営、アジアコンテンツビジネス、日中韓事業戦略。社会的使命のある事業を基にした企業経営を行いながら、日本とアジア各国間の事業戦略を研究している。

戻る