講座詳細

これからの生き方を考える 10月(第1回)
シニアの不動産活用と相続対策を考える

Image20160902-17270-lz7ukg

講座趣旨

 人生90年時代に、生涯にわたって心身ともに健康で過ごす「ビューティフルエージング」を実践するための、「気づきと話し合いの場」を提供する講座です。
 テーマは「生きがい・健康・経済・コミュニケーション・趣味」など、これからの生き方を考えるために必要な話題を取り上げてまいります。
 今月は、不動産活用および相続対策と最晩年の棲家の選び方を考えたいと思います。
学ぶことは、何時までも若さを保つ秘訣といわれています。受講者の皆様同志の交流の場としてもご活用ください。

 資産運用には、財産3分法という考え方があり、保有する財産を「預貯金、有価証券(株式・債券)、不動産」の3つに分散投資を行うことでリスクを軽減する方法をいいます。
 同じように、不動産にも「収益を得る不動産、保有していく不動産、売却する不動産」の3つに分けて活用する方法があります。相続において遺産分割が難しいと言われる不動産の相続対策はどのようにしたらよいか、増税された相続税対策はどのようにしたら良いのか皆様と一緒に考えてみます。

講座概要

講座日程 2016年10月12日 (水)
時間 15:00〜16:30
定員 20 人 (先着制)
回数 1回
受講料 500 円
難易度 ★☆☆
会 場 三鷹ネットワーク大学
受付期間 9月6日(火)午前9時30分より

※スクロールしてご確認ください→

日程 開催時間 会場 担当講師
第1回
10月12日
15時00分〜16時30分 三鷹ネットワーク大学 大庭 和夫 宅地建物取引士、1級FP技能士、BAAライフデザイン・アドバイザー

講師

大庭 和夫(おおば かずお ) 宅地建物取引士、1級FP技能士、BAAライフデザイン・アドバイザー
 企業で長年にわたり、中高齢社員に対するライフプランセミナーの講師を務め、公的年金、相続、資産運用等の相談業務に従事した経験があり、ライフプラン設計、年金制度、相続対策を得意としている。
 現在、FP仲間で組織する社団法人の理事として各種セミナーの講師を務めている。

戻る