講座詳細

これからの生き方を考える 11月(第2回)
健康寿命を延ばすには

Image20161002-30838-ovgjyp

講座趣旨

 人生90年時代に、生涯にわたって心身ともに健康で過ごす「ビューティフルエージング」を実践するための、「気づきと話し合いの場」を提供する講座です。
 テーマは「生きがい・健康・経済・コミュニケーション・趣味」など、これからの生き方を考えるために必要な話題を取り上げてまいります。
 学ぶことは、いつまでも若さを保つ秘訣と言われています。受講者の皆様同士の交流の場としてもご活用ください。今月は日中文化の違いと健康寿命について考えてみます。

 日本人の平均寿命は男女最高(男性80.79歳・女性87.05歳)と発表されましたが、自立して生活できる健康寿命は、男性は約72歳、女性は約74歳と大きく下回ります。
 他人の支援を受けずに自立して生活できる健康寿命を延ばすには、どうしたら良いでしょう。日頃の生活習慣を改めるだけで格段に変わります。
 本講座では、ちょっとしたヒント(食べ物・運動・笑い)があなたの健康寿命を延ばすことができるお話しをいたします。皆様の健康維持の一助になれば幸いです。

講座概要

講座日程 2016年11月30日 (水)
時間 15:00〜16:30
定員 20 人 (先着制)
回数 1回
受講料 500 円
難易度 ★☆☆
会 場 三鷹ネットワーク大学
受付期間 10月4日(火)午前9時30分より

※スクロールしてご確認ください→

日程 開催時間 会場 担当講師
第1回
11月30日
15時00分〜16時30分 三鷹ネットワーク大学 林 義彦 BAAライフデザイン・アドバイザー、健康管理士一般指導員

講師

林 義彦(はやし よしひこ ) BAAライフデザイン・アドバイザー、キャリアカウンセラー(CDA)、基礎医学士、健康管理士一般指導員、健康管理能力検定1級
 外国航路の航海士、大手自動車メーカーに勤務後、現在千葉県船橋市社会福祉協議会、社会教育課にボランティア登録し各地公民館で手品付き健康セミナー(健康寿命・認知症・糖尿病など)を開催し、健康普及活動を行っている。

戻る