講座詳細

アストロノミー・パブ2016年12月 
オーロラと古典籍

Image20161102-11501-153y9la

講座趣旨

  アストロノミー・パブとは、市民と専門家との間の相互コミュニケーションを目的とした、サイエンス・カフェの天文版です。ホストとゲストによる「トークタイム」、その後は講師や参加者同士と自由に対話を楽しむ立食形式の「パブタイム」です。普段から疑問に思っている事や自分のアイデアを、講師や参加者同士で楽しく語り合いましょう。

 古典籍に「赤気」と書いてあれば、それは当事オーロラが夜空を赤く染めていたのかもしれません。そして、緯度の低い日本や中国でオーロラが見られるということは、近年では経験したことのない規模の巨大磁気嵐が起こっていたことになります。古典籍から、そんな事例を見つけていくことで、いま起これば最悪!という宇宙環境について研究する「オーロラ4Dプロジェクト」が2015年から始まりました。その挑戦について紹介します。

講座概要

講座日程 2016年12月17日 (土)
時間 18:30〜20:30
定員 25 人 (定員を超えた場合は抽選です)
回数 1回
受講料 3,000 円
難易度 ★★☆
会 場 三鷹ネットワーク大学
受付期間 11月8日(火)午前9時30分〜11月29日(火)午後5時まで
日程 開催時間 会場 担当講師
第1回
12月17日
18時30分〜20時30分 三鷹ネットワーク大学 ゲスト:片岡 龍峰 国立極地研究所 准教授
ホスト:梅本 真由美 天文ライター アストロノミー・パブ店主

講師

片岡 龍峰(かたおか りゅうほう ) 国立極地研究所 准教授
 1976年、宮城県仙台市生まれ。2004年、東北大学大学院理学研究科博士課程修了。博士(理学)。NASAゴダード宇宙飛行センター、理化学研究所、東京工業大学などを経て、現在、国立極地研究所准教授。専門は、宇宙空間物理学。2015年、文部科学大臣表彰若手科学者賞授賞。著書に『オーロラ!』(岩波書店)、『宇宙災害』(化学同人)などがある。
梅本 真由美(うめもと まゆみ ) 天文ライター アストロノミー・パブ店主
 長野県出身。天文学者の生態をユーモラスに描いたホームページ「天文台マダム日記」をきっかけにライターとなり各種媒体に執筆。月刊星ナビに「天文台マダムがゆく」、国立天文台のwebで「天文台マダム VERAに夢中!」を連載中。取材経験を生かしサイエンスカフェや講演活動も行っている。夫の梅本智文(電波天文学者)とともにアスパブ2代目店主を務める。

戻る