講座詳細

サイエンスカフェみたか10月 
人工流星の活用

Image20170901-5252-1kaysax

※用紙で受講者登録または講座申し込みをされる場合は上記からダウンロードしてください。

この講座を申し込む

講座趣旨

 「サイエンスカフェみたか」とは、NPO法人くらしとバイオプラザ21が企画するサイエンスカフェです。講義スタイルではなく、飲み物を手にしながらのカフェスタイルで、サイエンス=科学についての知識を深めてみませんか。普段から疑問に思っている事や自分のアイデアを、ゲストや参加者同士で楽しく語り合いましょう。
 今回は、三鷹市・国立天文台などが主催する三鷹の森 科学文化祭「みたか太陽系ウォーク」の連携事業としてお送りいたします。
 
 (株)ALEは、軌道衛星から時刻と場所を制御して 「人工流れ星」を発生させる技術を応用した宇宙ビジネスを目論んでいる。そもそも地球には、毎日100〜300トンの地球外物質が降り注ぎ流れ星になっている。そのほとんどは、太陽系内の彗星や小惑星からやってくる直径μm〜cmの流星物質 である。こんなに多くの流星物質に見舞われている地球に、あえて人工的に流れ星を降らせる意義はあるのだろうか?
 本講演では、ALEが進める人工流星の本当の狙いと今後の展望について解説する。

講座概要

講座日程 2017年10月12日 (木)
時間 19:00〜20:30
定員 30 人 (先着制)
回数 1回
受講料 800 円
難易度 ★☆☆
会 場 三鷹ネットワーク大学
受付期間 9月5日(火)午前9時30分より
日程 開催時間 会場 担当講師
第1回
10月12日
19時00分〜20時30分 三鷹ネットワーク大学 阿部 新助 日本大学理工学部 准教授

講師

阿部 新助(あべ しんすけ ) 日本大学理工学部 准教授
 197X年、埼玉県生まれ。総合研究大学院大学(国立天文台)博士課程修了。博士(理学)。専門は流星・彗星・小惑星などの太陽系小天体、特に天体衝突に関わる天文現象。宇宙科学研究所、チェコ共和国科学アカデミー、神戸大学、台湾國立中央大学を経て、平成25年より現職。
 平成22年「はやぶさ感謝状」文部科学大臣・宇宙開発担当大臣表彰。人工流れ星、超小型深宇宙探査機EQUULEUS、小惑星探査機Hayabusa2などのプロジェクトに参加している。

戻る