講座詳細

煮干しの解剖教室

Image20171104-24714-1dapa1d

※用紙で受講者登録または講座申し込みをされる場合は上記からダウンロードしてください。

この講座を申し込む

講座趣旨

 「サイエンスカフェみたか」とは、NPO法人くらしとバイオプラザ21が企画するサイエンスカフェです。講義スタイルではなく、飲み物を手にしながらのカフェスタイルで、サイエンス=科学についての知識を深めてみませんか。普段から疑問に思っている事や自分のアイデアを、ゲストや参加者同士で楽しく語り合いましょう。

 煮干しを解剖? そう、料理におやつにおいしい煮干し、カタクチイワシの煮干しを科学のメガネでながめてみませんか。新鮮な魚を煮て干して作るのが煮干しです。カタクチイワシは日本の近海を、群れで回遊しているお魚。この小さな魚から、生きものの体と暮らしについて、いろいろなことが見えてきます。たかが煮干し、されど煮干し。目でも口でも味わいつくす煮干しの解剖です。
 たのしいおどろきの時間を、さあ、ご一緒に。

講座概要

講座日程 2017年12月13日 (水)
時間 19:00〜20:30
定員 20 人 (先着制)
回数 1回
受講料 1,500 円
難易度 ★☆☆
会 場 三鷹ネットワーク大学
受付期間 11月7日(火)午前9時30分より
日程 開催時間 会場 担当講師
第1回
12月13日
19時00分〜20時30分 三鷹ネットワーク大学 小林 眞理子 仮説実験授業研究会 会員/川崎 浩 仮説社 社長

講師

小林 眞理子(こばやし まりこ ) 仮説実験授業研究会 会員
 『煮干しの解剖教室』(仮説社、2010年)著者。長年、中学校で理科を教えてきた。各地で親子科学教室などを指導。
川崎 浩(かわさき ひろし ) 仮説社 社長
 科学教育に関する雑誌、本の編集者。『煮干しの解剖教室』の編集を担当した。仮説実験授業研究会会員。自社が扱う科学オモチャにも詳しい。

戻る