講座詳細

「研究を売れ」
―ソニーコンピュータサイエンス研究所における研究営業の活動

Image20181118-21803-1vqu58p

※用紙で受講者登録または講座申し込みをされる場合は上記からダウンロードしてください。

この講座を申し込む

講座趣旨

“もっと科学に親しもう!”6
 AI(人工知能)が囲碁や将棋で人間に勝ち、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)が私たちの生活や産業を大きく変えています。また、宇宙ではダークマターやダークエネルギーの存在が明らかになり、アインシュタインが出した宿題の重力波まで発見されました。
 こうした最先端の科学や技術の課題を取り上げ、多くの方々にわかりやすく紹介するのが、本講座のねらいです。市民の方々のご参加をお待ちしております。
 

講座概要

講座日程 2018年12月20日 (木)
時間 19:00〜20:30
定員 50 人 (先着制)
回数 1回
受講料 500 円
難易度 ★☆☆
会 場 三鷹ネットワーク大学
受付期間 11月20日(火)午前9時30分より
日程 開催時間 会場 担当講師 内容
第1回
12月20日
19時00分〜20時30分 三鷹ネットワーク大学 夏目 哲 「研究を売れ」
―ソニーコンピュータサイエンス研究所における研究営業の活動

 ソニーコンピュータサイエンス研究所は、天才・異才の集まるユニークな研究所として知られる。しかし、その独創的な研究の数々が実用化・商品化されてきた背後には、テクノロジープロモーションオフィスの10年に及ぶ苦闘があった。
 本講座は、研究実用化に至るいくつかの事例紹介を通じて、研究営業の活動と、研究所経営における意義を明らかにする。

講師

夏目 哲(なつめ てつ ) 株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所
 1988年東京大学理学部地学科地理学課程卒業後、ソニー株式会社に入社。電子デバイスの生産管理、経営管理、輸出入法律実務に従事する中、シンガポールの生産工場、地域本社に二度にわたり計6年赴任。その後本社事業戦略部を経て、360度全方位・自由視点映像の事業化に参画。その経験の中で、複数の研究実用化を担当する研究プロモーション組織の必要性を実感。2004年に株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所に異動し、研究プロモーション組織「TPO(テクノロジープロモーションオフィス)」を立ち上げ、統括に就任。

戻る