講座詳細

アストロノミー・パブ11月
地上の太陽―1億2千万度への挑戦

Image20191006-4900-1mhljaf

※用紙で受講者登録または講座申し込みをされる場合は上記からダウンロードしてください。

この講座を申し込む

講座趣旨

国立天文台企画サロン アストロノミー・パブ
 アストロノミー・パブは、市民と専門家との間の相互コミュニケーションを目的とした、サイエンス・カフェの天文版です。前半はホストとゲストによる「トークタイム」、後半は講師や参加者同士と自由に対話を楽しむ立食形式の「パブタイム」です。普段から疑問に思っている事や自分のアイデアを、講師や参加者同士で楽しく語り合いましょう。

講座概要

講座日程 2019年11月16日 (土)
時間 18:30〜20:30
定員 25 人 (定員を超えた場合は抽選です)
回数 1回
受講料 3,000 円
難易度 ★★☆
会 場 三鷹ネットワーク大学
受付期間 10月8日(火)午前9時30分〜10月29日(火)午後5時

※スクロールしてご確認ください→

日程 開催時間 会場 担当講師 内容
第1回
11月16日
18時30分〜20時30分 三鷹ネットワーク大学 ゲスト:高畑 一也
ホスト:矢治 健太郎
 恒星の中で自然に起こっている核融合を地上で実現できれば、地球のエネルギー問題が解決するのではないか、これが「核融合発電」 構想が生まれたきっかけである。しかし、その実現には大きなハードルがあり、いまだ実現には至っていない。まず水素同位体を1 億2,000 度まで加熱した「プラズマ」という状態を作り出す必要がある。その超高温のプラズマ生成に挑戦したのが大型ヘリカル装置(LHD)である。当日はLHD が経験した様々な挑戦を紹介したい。

講師

高畑 一也(たかはた かずや ) 自然科学研究機構 核融合科学研究所 教授
 総合研究大学院大学 物理科学研究科 核融合科学専攻 教授。1989 年大阪大学大学院工学研究科原子力工学専攻後期課程中途退学。同年より核融合科学研究所に勤務し、世界最大級のプラズマ生成装置「大型ヘリカル装置」の建設に従事。主に超伝導コイルの設計・製作を担当。現在は核融合炉用超伝導コイルの開発研究に従事。
 高校時代、吉川庄一『核融合への挑戦(ブルーバックス)』(講談社、1974 年)を読んでから、一途に核融合発電の夢を追い続けている。
矢治 健太郎(やじ けんたろう ) 自然科学研究機構 核融合科学研究所 URA職員(特任専門員)
 大阪府出身。東京大学教養学部卒。総合研究大学院大学博士課程単位取得退学。かわべ天文公園、国立天文台、立教大学理学部、再度、国立天文台を経て、現在、核融合科学研究所研究力強化戦略室URA 職員(特任専門員)。著書に『太陽と地球の不思議がわかる本』(PHP 研究所、2009 年)、ただし絶版。
 国立天文台時代の経験をもとに、現在、核融合研究の広報普及活動に日々精進中。声が大きくて、顔が広くて、いつも緑色。

戻る