講座詳細

超伝導材料開発の最近の展開
室温超伝導はもはや夢ではない

Image20191020-30151-nky61a

※用紙で受講者登録または講座申し込みをされる場合は上記からダウンロードしてください。

この講座を申し込む

講座趣旨

“もっと科学に親しもう!”7
 AI(人工知能)が囲碁や将棋で人間に勝ち、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)が私たちの生活や産業を大きく変えています。また、宇宙ではダークマターやダークエネルギーの存在が明らかになり、アインシュタインが出した宿題の重力波まで発見されました。
 こうした最先端の科学や技術の課題を取り上げ、多くの方々にわかりやすく紹介するのが、本講座のねらいです。皆さまのご参加をお待ちしております。

講座概要

講座日程 2019年11月21日 (木)
時間 19:00〜20:30
定員 50 人 (先着制)
回数 1回
受講料 500 円
難易度 ★☆☆
会 場 三鷹ネットワーク大学
受付期間 10月21日(火)午前9時30分より

※スクロールしてご確認ください→

日程 開催時間 会場 担当講師 内容
第1回
11月21日
19時00分〜20時30分 三鷹ネットワーク大学 高野 義彦  環境に優しい社会の構築が求められていますが、我々の生活は、電気のエネルギーに大きく依存しています。電気のエネルギーをより効率的に輸送、貯蔵することができれば、より環境に優しい社会の構築にもつながります。超伝導体は電気抵抗が完全になくなるゼロ抵抗状態を示します。ゼロ抵抗ではエネルギーを全く損失しないため、極めて効率よく電気を輸送そして貯蔵することが出来ます。しかし、欠点もあります。現在発見されている超伝導体は全て、ゼロ抵抗状態にするためには冷却する必要があります。高温超伝導体であっても、液体窒素(約-200度)での冷却が不可欠です。ところがごく最近、超伝導を示す温度が摂氏-13度と冷凍庫温度でもゼロ抵抗が可能となる物質が発見されました。本講座では、最近の超伝導材料の開発の現状を踏まえて、起こりうる未来を占ってみたいと思います。

講師

高野 義彦(たかの よしひこ ) 国立研究開発法人 物質・材料研究機構(NIMS)ナノフロンティア超伝導材料グループリーダー
 1995年、横浜市立大学・総合理学研究科博士課程修了(博士(理学))。同年、東京大学物性研究所、特別研究員等を経て、99年物質材料研究機構に入所。2006年同研究所・グループリーダー、筑波大学教授を併任、現在に至る。その間、超伝導材料の発見、超伝導デバイスの開発などにかかわり、独創的な研究成果を多数挙げる。現在は、超伝導のみならず高圧物性、熱電材料や、磁気冷凍材料など機能性材料全般に研究の領域を広げている。
2007年6月 超伝導科学技術賞 未踏科学技術協会
2011年8月 第33回 応用物理学会論文賞 「新しい鉄系超伝導物質の構造と物性」
2017年11月 Highly Cited Researcher 2017 in Physics (Clarivate Analytics)

戻る