講座詳細

大人のための音読講座・三鷹ゆかりの作家たち(79)
〜小山 清の「紙幣の話」〜

Image20191114-6784-1bzp9fw

※用紙で受講者登録または講座申し込みをされる場合は上記からダウンロードしてください。

この講座を申し込む

講座趣旨

大人のための音読講座・三鷹ゆかりの作家たち
 これまでの読書は黙読が中心でした。声に出して読む、つまり音読すると、文章がより立体的になり、新たな世界を発見できます。読書の新しい方法として、声に出して味わう音読を体感してみませんか?ここではプロの朗読家のような正しいアクセント、明瞭な発声などは必要ありません。必要なのは、素直に物語を捉え、その気持ちをそのまま音にするということです。
 台詞、ト書き、主人公が語り手となる独白体など、 感じたままに自然に声を出す音読の楽しさをお伝えします。
 講師による朗読と、参加者の皆さんで音読するワークショップ付の講座です。

講座概要

講座日程 2019年12月18日 (水)
時間 10:30〜12:30
定員 10 人 (先着制)
回数 1回
受講料 一     般 2,000 円
市     民 1,600 円
市民在勤・在学 1,600 円
市 民 学 生 1,200 円
会     員 1,000 円
難易度 ★☆☆
会 場 三鷹ネットワーク大学
受付期間 11月19日(火)午前9時30分より

※スクロールしてご確認ください→

日程 開催時間 会場 担当講師 内容
第1回
12月18日
10時30分〜12時30分 三鷹ネットワーク大学 原 きよ  太宰治に師事し、太宰が甲府に疎開中は三鷹の留守宅を守った小山 清。終戦後、太宰に預けていた原稿が売れるようになり作家になりました。素直で静かな描写が魅力で、受賞には至りませんでしたが、3度、芥川賞候補になりました。「紙幣の話」は昭和33年12月に筑摩書房から発行された『日日の麺麭』に収められた短編です。師 太宰治の「貨幣」(初出:昭和21年)によく似た作品で、やはり百円紙幣が擬人化され、自分の経験を語ります。紙幣の視点で語る楽しさを味わいましょう。

講師

原 きよ(はら きよ ) フリーアナウンサー・朗読家
 元OBS大分放送アナウンサー。三鷹ゆかりの作家、太宰治の作品朗読に力を入れ、映画「ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜」では、メイキングドキュメンタリーで原作朗読を務めた。生誕100年からは、毎年、生誕祭の6月19日に、太宰の生地、青森県五所川原市金木「太宰治疎開の家 津島家新座敷」での朗読会に出演。演奏家との共演も好評で、ピアノ、ヴァイオリン、チェロ、ハープ、月琴、リュートなど、様々な楽器とのコラボ作品のレパートリーも多い。
 文化庁「文化芸術による子供育成総合事業」登録アーティスト、朗読集団「コトザウルス」、劇団「シアターRAKU」所属。

戻る