講座詳細

杏林大学公開講演会「新型コロナウイルス感染症:診断・治療・予防について」【Zoom講座】

C2063900.pdf

講座趣旨

杏林大学の特色を活かして、医療系、人文社会科学系の公開
講演会・公開講座を実施しています。 2020年度については、
新型コロナウイルス感染症等の状況を鑑みながら、実施して
いきます。

 ※オンライン会議アプリのZoomを使用した講座です。
  ご自宅などからご参加ください。


【お申込みリンク】
※この講座のお申込みは下記のURLから手続きしてください。
https://kyorin-u20201217.peatix.com/

【パソコンで無料チケットを申し込む方法:Peatix Japan株式会社】
https://help-attendee.peatix.com/ja-JP/support/solutions/articles/44001913339-%E3%83%91%E3%82%BD%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%81%A7%E7%84%A1%E6%96%99%E3%83%81%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%92%E7%94%B3%E3%81%97%E8%BE%BC%E3%82%80%E6%96%B9%E6%B3%95%E3%81%AF-



 

講座概要

講座日程 2020年12月17日 (木)
時間 18:00〜19:15
定員 90 人 (先着制)
回数 1回
受講料 0 円
難易度 ★☆☆
会 場 オンライン
申し込み Peatixでの申し込みです。左のリンクからお申し込みください。
受付期間 11月17日(火)午前9時30分〜12月16日(水)午後9時

※スクロールしてご確認ください→

日程 開催時間 会場 担当講師 内容
第1回
12月17日
18時00分〜19時15分 オンライン 倉井 大輔 新型コロナウイルス感染症:診断・治療・予防について
 新型コロナウイルス感染症が発生してから1年弱が経過しました。この病気は、約8割の方では風邪様症状で自然軽快しますが、残りの2割程度の人は肺炎や血栓症を呈し、呼吸不全などのために入院が必要となることがあります。
 今回は、この感染症の診断・治療の現状と、感染予防についてお話しします。

講師

倉井 大輔(くらい だいすけ ) 杏林大学医学部付属病院 感染症科 診療科長、感染対策室長
 1998年東北大学医学部卒業。東京都立駒込病院等を経て、2003年杏林大学第一内科(呼吸器内科)入局。2019年医学部付属病院 感染症科診療科長、感染対策室長

戻る