講座詳細

くらしとメディアリテラシー―生活ジャーナリストと学ぶ「読む」「書く」「話す」技術
みたか地球市民講座 基礎講座

C2151400.pdf

※用紙で受講者登録または講座申し込みをされる場合は上記からダウンロードしてください。

この講座を申し込む

講座趣旨

「くらしとメディアリテラシー ――生活ジャーナリストと学ぶ『読む』『書く』『話す』技術」
 テレビ、ラジオ、新聞、書籍、雑誌、そしてインターネットから情報を得るだけでなく、自らも積極的に情報発信しながら、いろいろな人とつながり、さらに知見を深める。そんな時代になった。必要になるのがメディアと上手に付き合う方法だ。40年あまり新聞社で様々なメディアに携わってきた経験を踏まえ、あふれる情報に翻弄されず、メディアを上手に、主体的に使いこなす方法をお伝えする。

「みたか地球市民講座」とは
(1)「不安な時代」を生き抜くための学び
終身雇用の崩壊、新型コロナウイルス感染症の流行など、先行きの見えない「不安な時代」にわたしたちは生きています。こうした時代にこそ、学びを通して確かな視座を構築していきましょう。
(2) 地域から世界を考える
地域から国全体や世界を考える、ボトムアップ型の講座です。三鷹という地域にいかりを下ろし、そこから地域や世界を見渡し、一緒にじっくり考えていきましょう。
(3)地域の“大学”としての新たな取り組み
三鷹ネットワーク大学は地域性を生かし、コミュニティを育み、学びを創出する、地域の“大学”です。「みたか地球市民講座」を通して、みなさんと協働して新たな学びを創っていきましょう。
基礎講座では、主に三鷹、多摩というローカルな視点から学んでいきます。「みたか地球市民講座」の基礎となる講座です。

※ 教室参加が望ましいですが、来館できない方向けに、オンライン(Zoom)でも配信します。第1回にオンライン参加をご希望の方は、申込時にその旨をお知らせください。講座後には見逃し配信も行います。

講座概要

講座日程 2021年10月23日 (土)
 〜2021年12月18日 (土)
時間 下記をご確認ください。
定員 24 人 (先着制)
回数 5回 (通し受講のみ)
受講料 一     般 3,000 円
市     民 2,500 円
市民在勤・在学 2,500 円
市 民 学 生 2,500 円
会     員  円
難易度 ★★☆
会 場 下記をご確認ください。
受付期間 9月21日(火) 午前9時30分から11月19日(金)閉館まで

※スクロールしてご確認ください→

日程 開催時間 会場 担当講師 内容
第1回
10月23日
10時30分〜12時00分 三鷹ネットワーク大学、オンライン 相川 浩之 くらしのなかのメディアリテラシー
「メディアリテラシー」と聞くと、テレビのこのニュースは政権寄りではないのか、といった「ニュースの見方」の話かと思われる人が多いかもしれない。しかし、情報が溢れる現代社会で、必要になるのは暮らしのなかで上手にメディアと付き合う能力だ。
第2回
11月 6日
10時30分〜12時00分 三鷹ネットワーク大学、オンライン 相川 浩之 記者は何を考えて記事を書いているのか
 記者は決して、人から聞いたことをそのまま「拡散」したりはしない。事実確認した後、読者は何を知りたいのか、クレームを受けないようにするためにはどう表現するか、などを考えて記事を書く。記者の頭の中を見ることがメディアリテラシーを高めるのに役立つ。
第3回
11月20日
10時30分〜12時00分 三鷹ネットワーク大学、オンライン 相川 浩之 メディアの特性を理解して情報入手・発信を行う
 新聞、雑誌、テレビ、ラジオ。それぞれのメディアの特性を理解した上で、上手に情報を入手したい。情報発信では、ブログ、Facebook、LINE、Twitterをどう使い分けるか。使い方を誤れば非効率なだけでなく、痛い目にも合う。メディアごとのリテラシーを探る。
第4回
12月 4日
10時30分〜12時00分 三鷹ネットワーク大学、オンライン 相川 浩之 安心・安全にメディアと付き合う
 便利で楽しいはずのネットメディアも、セキュリティーやプライバシー保護の知識なしに利用すると、とたんに凶器に早変わり。脅迫メールが来たり怪しい勧誘の電話が頻繁にかかってきたりする。セキュリティーの基礎知識とプライバシー保護のためのノウハウを学ぶ。
第5回
12月18日
10時30分〜12時00分 三鷹ネットワーク大学、オンライン 相川 浩之 オリジナル情報を発信する
 情報の読み方、発信の仕方がわかったら、素人でもできる発信メディアにぜひ挑戦しよう。ブログ、Facebook、LINE、Twitterなどでの発信にとどまらず、電子書籍や音声配信などにも挑戦してみよう。Kindleで電子出版を行い、Podcastで音声配信する手法を紹介する。

講師

相川 浩之(あいかわ ひろゆき ) 生活ジャーナリスト
 生活ジャーナリスト。1980年4月から2021年11月まで日本経済新聞社勤務。新聞、雑誌(「日経トレンディ」副編集長、「日経ゼロワン」編集長)、電子メディア(NIKKEI NET)、ラジオ(ラジオNIKKEI「集まれ!ほっとエイジ」など)、産業消費研究所など、様々なメディアに携わる。柱となるのは「生活ジャーナリズム」。「人生100年時代」「高度情報化社会」をどう生きるか、を各メディアで取り上げてきた。

戻る