講座詳細

杏林大学公開講演会「犯罪防止かプライバシーか ― AI時代の到来」【オンライン講座】

C2154400.pdf

講座趣旨

杏林大学公開講演会
 杏林大学の特色を活かして、医療系、人文社会科学系の公開講演会・公開講座を実施しています。 2021年度は、コロナ禍でも安心してご参加いただけるようオンラインで実施いたします。

 ※オンライン会議アプリのZoomを使用した講座です。ご自宅などからご参加ください。

【お申込みリンク】
https://kyorin-u20211204.peatix.com

 

講座概要

講座日程 2021年12月 4日 (土)
時間 11:00〜11:45
定員 90 人 (先着制)
回数 1回
受講料 0 円
難易度 ★☆☆
会 場 オンライン
申し込み Peatixでのお申し込みです。左のリンクからお申し込みください。
受付期間 11月9日(火)午前9時30分から12月3日(金)閉館まで

※スクロールしてご確認ください→

日程 開催時間 会場 担当講師 内容
第1回
12月 4日
11時00分〜11時45分 オンライン 尾崎 愛美 犯罪防止かプライバシーか 〜 AI時代の到来
 JR東日本で顔認証カメラを使い、刑務所からの出所者等を検知する防犯対策を講じていると、9月に報道され賛否の声があがりました。日本の捜査機関でも顔識別システムの運用が開始されているようです。
 アメリカでは、反差別運動の高まりを受けて、顔識別システムを犯罪捜査に提供することを停止する企業が散見され、一部の都市や州では規制も設けられてきています。
 日本では、どのような法的規制が求められるべきか、アメリカの法規制を参考にしつつ、講義します。

講師

尾崎 愛美 (おざき あいみ ) 杏林大学総合政策学部 講師
最終学歴:慶應義塾大学大学院法学研究科後期博士課程単位取得退学
職歴:株式会社KDDI総合研究所アナリスト 2017年-2019年
   慶應義塾大学大学院法学研究科助教(有期・研究奨励) 2018年-2019年
   杏林大学総合政策学部着任 2019年

戻る