講座詳細

三鷹の夜☆月いち読書会(第5回)
―科学と文学の間(あわい)に

%e3%82%b7%e3%83%a9%e3%83%90%e3%82%b9%ef%bc%88%e8%a1%a8%e9%9d%a2%ef%bc%89_%e7%ac%ac%ef%bc%95%e5%9b%9e.pdf

※用紙で受講者登録または講座申し込みをされる場合は上記からダウンロードしてください。

この講座を申し込む

講座趣旨

 三鷹ネットワーク大学では、4月から月1回夜の読書会を開催しています(8月と3月除く)。本や読書に関心のある方を対象に、毎月1冊の本をめぐって楽しく語り合い、交流する場です。毎月のテーマ本をあらかじめお知らせして、国内外のSF小説を中心にコミック、科学エッセイなど幅広く読んでいます。
 在宅勤務・リモートワークといった“おうち時間”が増えるなか、ちょっと非日常の世界に遊んでみませんか? 興味のある方、ぜひお気軽にお集まりください。

※ 課題図書はご自身で用意してください。

講座概要

講座日程 2021年12月17日 (金)
時間 19:00〜20:30
定員 12 人 (先着制)
回数 1回
受講料 500 円
教 材 課題図書:山本 弘「詩音が来た日」(『アイの物語』〔角川文庫〕所収)
難易度 ★☆☆
会 場 三鷹ネットワーク大学
受付期間 11月24日(水)午前9時30分 〜12月16日(木)閉館まで

※スクロールしてご確認ください→

日程 開催時間 会場 担当講師 内容
第1回
12月17日
19時00分〜20時30分 三鷹ネットワーク大学 空犬太郎 山本 弘「詩音が来た日」(『アイの物語』(角川文庫)所収)
 人類が衰退した未来世界で、アンドロイドが人間の若者に物語を聞かせるという設定の、SF版アラビアンナイトのような作品集のなかから、介護とAIという現代的なテーマを扱った作品を取り上げます。
[参考作品] 「あるAIの結末」(コミック『AIの遺電子』7巻、山田胡瓜(秋田書店)所収)

【今回の選書ポイント】
 アレクサやSiriなどの音声アシスタントが普及、今では日常生活でも当たり前に使われているAI。今回はとくに人間型の外観を備えたヒューマノイドが登場する作品をピックアップ。意識とは、人間とは、といった問題を一緒に考えてみたいと思います。同じテーマを扱ったコミックを参考作品にあげておきますので、よかったら両方にチャレンジしてみてください。

講師

空犬太郎(そらいぬ たろう )  1968年生まれの編集者・ライターです。ブログ「空犬通信」とツイッターで本・本屋関連情報を日々発信しています。読書以外の趣味は音楽で、ギターとアナログレコードを偏愛しています。編著書(いずれも共著)に、『ぼくのミステリ・クロニクル』(国書刊行会)、『本屋図鑑』『本屋会議』(夏葉社)、『本屋はおもしろい!!』『子どもと読みたい絵本200』『本屋へ行こう!!』(洋泉社)があります。

戻る