講座詳細

「Animal SDGs 第1回 三鷹!動物かんきょう会議(ワークショップ)」【教室・オンライン同時開催】
―南米アマゾンの森と「家畜たち」

1219_%ef%bc%bbweb%e7%94%a8%ef%bc%bd%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7.pdf

※用紙で受講者登録または講座申し込みをされる場合は上記からダウンロードしてください。

講座趣旨

さあ、今こそ動物たちと対話しよう!
 
1/3は自分のために
1/3は動物(自然)のために
1/3は未来のために
 これは、自然と共生してきた世界の先住民の人たちに共通する考え方です。私たちは、いつの頃から、地球は人間だけのものであり、人間以外の動物、植物、鉱物にいたるまで、自分たちの財産や資源とみなすようになってしまったのでしょうか。
  今あらためて、想像力の翼を広げ、動物たちの視点にたって人間たちの営みをみてみましょう。

※この講座は三鷹ネットワーク大学「民学産公」協働研究事業の一環として開催するプログラムです。

【お申込みリンク】
https://sdgsworks.com/zoo/03/


【講座内容の問い合わせ】
ヌールエ デザイン総合研究所
TEL:03-5315-4535
e-mail:sdgsworks@icloud.com
 

講座概要

講座日程 2021年12月19日 (日)
時間 13:00〜16:30
定員 20 人 (〇安襯優奪肇錙璽大学 10人、▲ンライン 10人)※応募多数の場合は抽選
回数 1回
受講料 0 円
難易度 ★☆☆
会 場 三鷹ネットワーク大学、オンライン
申し込み 専用フォームからのお申し込みです。左のリンクからお申し込みください。
受付期間 11月24日(水)午前9時30分から12月12日(日)閉館まで

※スクロールしてご確認ください→

日程 開催時間 会場 担当講師 内容
第1回
12月19日
13時00分〜16時30分 三鷹ネットワーク大学、オンライン イアン筒井
河村幸子
Animal SDGs 第1回 三鷹!動物かんきょう会議(ワークショップ)〜南米アマゾンの森と「家畜たち」〜
 SDGsの原因をつくっているのは人間たちだから……
 人間の大人たちだけからの学びで本当にいいのだろうか?むしろ、人間からたくさんの被害を受け続けている動物たちと対話することが大切なのではないだろうか。子どもたちだけでも、親子いっしょでも参加できます。
 専門家もゲストとして会議に加わります。動物たちといっしょに地球の未来について話し合いませんか。

講師

イアン 筒井(いあん つつい ) せかい!動物かんきょう会議 総合プロデューサー
 1997年からはじめた「動物かんきょう会議プロジェクト」。動物になって考えることで既成概念の枠をはずし、自由でクリエイティブな発想ができる人材を育成したいと考えています。2002年に絵本シリーズを発行、2010年にアニメシリーズをNHK Eテレで放送し、2018年よりSDGs未来都市の山口県宇部市、ときわ動物園をフィールドに、日本と世界の子どもたち、大人たちが創発しあう「せかい!動物かんきょう会議」を展開しています。株式会社ヌールエ デザイン総合研究所 代表
河村 幸子(かわむら さちこ ) 東京農工大学大学院 農林共生社会科学専攻環境教育学研究室 博士課程
 了徳寺大学非常勤講師。動物園環境教育について研究。『こども環境学』(朝岡幸彦 監修、新星出版社、2021年)監修協力。

戻る