講座詳細

おにぎりのイノベーション(第1回)
おにぎりの文化史

Image20170113-12040-mgadvo

講座趣旨

 日常でおにぎり専門店を見かけることが多くなりました。従来はコンビニエンスストアを中心に消費者に届く形が一般的でしたが、例えば高級おにぎりや地域特産おにぎりなど多様化が見て取れます。
 また、海外でのおにぎり専門店の展開もコンビニエンスストアとは別の動きとして活発化してきています。
 インバウンド観光においては、「食」はもっとも重要な要素です。
 寿司、ラーメンのようにおにぎりも海外での認知を高めることができるか、本講義はその点に注目していきます。
 
【第1回内容】
 記録にはおにぎりの発祥は古くからあったとされます。しかし、おにぎりは携行食としての利便性から、とくに戦飯として普及していきました。まずは、日本におけるおにぎりの歴史をたどりながら、全国各地の独自のおにぎりの紹介、現在の店舗展開の状況まで言及していきます。

講座概要

講座日程 2017年 2月 7日 (火)
時間 19:00〜20:30
定員 20 人 (先着制)
回数 1回
受講料 一     般 1,000 円
市     民 800 円
市民在勤・在学 800 円
市 民 学 生 600 円
会     員 500 円
難易度 ★☆☆
会 場 三鷹ネットワーク大学
受付期間 1月17日(火)午前9時30分より

※スクロールしてご確認ください→

日程 開催時間 会場 担当講師
第1回
2月 7日
19時00分〜20時30分 三鷹ネットワーク大学 増淵 敏之 法政大学大学院 政策創造研究科 教授、文化経済学会〈日本〉理事長

講師

増淵 敏之(ますぶち としゆき ) 法政大学大学院 政策創造研究科 教授、文化経済学会〈日本〉理事長
 法政大学大学院政策創造研究科教授、東京大学大学院総合文化研究科修了、博士(学術)。文化経済学会〈日本〉理事長。コンテンツツーリズム学会 会長。専門は経済地理学、文化地理学。単著に『物語を旅するひとびと─コンテンツツーリズムとは何か』(彩流社、2010年)、『欲望の音楽─「趣味」の産業化プロセス』(法政大学出版局、10年)、『物語を旅するひとびと協 屬甘地ソング」の歩き方』(彩流社、11年)、『路地裏が文化を作る!』(青弓社、12年)『物語を旅するひとびと隈.灰鵐謄鵐張帖璽螢坤爐箸靴討諒験惱笋蝓戞丙摸社、14年)がある。

戻る