講座詳細

韓国語と韓国の食文化を知ろう

Image20170113-12040-1f9tc22

講座趣旨

 本講座は、2017年設置予定の専門学校アジア・アフリカ語学院韓国語学科の体験講座です。
 韓国語の勉強を始めてみたいと思っている方々のためのハングルの読み方や発音を中心とした「韓国語入門講座」と、韓国の食文化に関する様々な事情や、キムチをめぐる韓国人の意識などを紹介する「韓国の食文化」について学びます。
 韓国語の発音や韓国文化にご興味をお持ちの方々にはうってつけの講座です。

【第1部】 午後3時30分〜5時30分
韓国語入門講座 〜ハングルの読み方が分かる発音の手引き〜
講 師:徐 銀河 専門学校 アジア・アフリカ語学院 講師

 韓国語は日本語と言葉の構造がとても似ていて、日本人にとって最も覚えやすい言語の一つです。しかし、そう言われても、文字体系のハングルは日本語の文字の仕組みとは全く異なるために、少し難しく感じられます。本講座では、ハングルの仕組みを始め、読み方、そして発音の仕方について、全くハングルが読めない方でもとても簡単に覚えられる方法を紹介します。ハングルが少し読める方も、是非自然な発音のコツを身につけてみませんか。

【第2部】 午後5時50分〜7時50分
知ってびっくり、こんな秘密が!
 〜あなたの知らない韓国の食文化〜
講 師:兼若 逸之 元 東京女子大学 現代教養学部教授/文学博士

 食文化には長い伝統と格式があります。今回は韓国の食文化の華ともいえるキムチと食文化の格式を示す祭祀の膳立てについて紹介します。クイズ形式で楽しみながら味わい深い韓国の食文化の世界に触れてみましょう。
 

講座概要

講座日程 2017年 2月18日 (土)
時間 15:30〜19:50
定員 40 人 (先着制)
回数 1回 2限あります。
受講料 500 円
難易度 ★☆☆
会 場 三鷹ネットワーク大学
受付期間 1月17日(火)午前9時30分より

※スクロールしてご確認ください→

日程 開催時間 会場 担当講師
第1回
2月18日
15時30分〜19時50分 三鷹ネットワーク大学 徐 銀河 専門学校 アジア・アフリカ語学院 講師
兼若 逸之 元 東京女子大学 現代教養学部教授/文学博士

講師

兼若 逸之(かねわか としゆき ) 元 東京女子大学 現代教養学部教授/文学博士
 1970年国際基督教大学卒業。85年韓国の延世大学校文科大学院博士課程修了。韓国誠信女子大学副教授、東京女子大学現代教養学部教授歴任。現在韓国文化院世宗学堂運営委員。2012年ハングル発展有功者表彰で韓国政府より宝冠文化勲章受勲。NHKテレビ(1995-2001年度)とラジオ(03-04、10-11、13-14年度)のハングル講座を担当し、今年度は4月〜9月の「まいにちハングル」を担当。「ハングル1000万人運動」の提唱者としても知られている。最近の著作は「兼若教授の韓国ディープ紀行 釜山港に帰れません」(集英社文庫、05年)、「らくらく韓国語マスター」(アルク、07年)、「漢字のハングル読みをマスターする40の近道」(アルク、11年)など。
徐 銀河(そ うな ) 専門学校 アジア・アフリカ語学院 講師
 ソウル生まれ。お茶の水女子大学文教育学部心理学専攻。現在、韓国語講師をはじめ、ハングルテキストの校正、NHKラジオ「まいにちハングル講座」出演など、幅広い分野で活躍中。著書に「すぐに使える!韓国語日常会話フレーズ集」、共著に「日記を書いて身につける韓国語」。

戻る