講座詳細

ボブ・ディランの詩の世界(第1回)
初期の作品における時代背景とコトバの魅力

Image20170218-15402-1itsrgt

講座趣旨

 2016年度のノーベル文学賞は、アメリカのシンガー・ソングライター、ボブ・ディランに決まりました。受賞理由は、「アメリカの伝統音楽にのせて新しい詩の表現を創造した」ことにあるといいます。
 いまの私たちにとって、詩はページに印刷された活字を黙読するものになっています。大昔、詩と歌と踊りの根っこは同じでしたが、時代を経るにしたがって、それぞれのジャンルに分かれていきました。印刷術が発明されるまえは、詩は楽器に合わせて歌われていました。昔むかしの詩人たちは、共同体の語り部であり、ときには預言者でもありました。そのコトバは、詩であり歌そのものでした。 
 ボブ・ディランは、現代に「声としての詩」を復活させた「ポエト/シンガー」といえます。
 今回の2回の講座では、ボブ・ディランのコトバに注目しながら、作品が生まれた文化的・社会的・政治的背景を紹介しながら、ライブ映像を交え、歌われるアメリカ詩の魅力をお伝えします。

【第1回 初期の作品における時代背景とコトバの魅力
 初期の代表作「風に吹かれて(Blowin’in the Wind)」が投げかける問いとその答え、「激しい雨がふりそうだ(A Hard Rain’s A-Gonna Fall)」にみる伝承バラッドと現代について、コトバに注目し作品が生まれた様々な背景を紹介しながら、ライブ映像を交え、歌われるアメリカ詩の魅力を解説します。
 

講座概要

講座日程 2017年 3月28日 (火)
時間 19:00〜20:30
定員 50 人 (先着制)
回数 1回
受講料 一     般 1,000 円
市     民 800 円
市民在勤・在学 800 円
市 民 学 生 600 円
会     員 500 円
教 材 レジュメ資料 ほか
難易度 ★☆☆
会 場 三鷹ネットワーク大学
受付期間 2月21日(火)午前9時30分より
日程 開催時間 会場 担当講師
第1回
3月28日
19時00分〜20時30分 三鷹ネットワーク大学 原 成吉 獨協大学 外国語学部教授

講師

原 成吉(はら しげよし ) 獨協大学 外国語学部教授
 1953年東京生まれ。専攻分野「アメリカ詩」。大学の卒業論文でボブ・ディランを取り上げて以来、詩の言葉に魅了され、アメリカ詩の研究と紹介につとめている。獨協大学のポエトリー・リーディング・イベント「LUNCH POEMS@DOKKYO」主宰、日本英文学会編集室顧問、日本エズラ・パウンド協会代表理事。著書に『記憶の宿る場所――エズラ・パウンドと20世紀の詩』(共著)ほか。翻訳に『パウンド詩集』(共訳)、『チャールズ・オルスン詩集』(共訳)、『ウィリアムズ詩集』(訳篇)、ゲーリー・スナイダー詩集に『終わりなき山河』(共訳)、『絶頂の危うさ』、『奥の国』、『リップラップと寒山詩』ほか。

戻る