講座詳細

トリリオン・センサと日本の課題
〜1兆個のセンサをネットワークに接続〜

Image20180201-29964-dp794r

※用紙で受講者登録または講座申し込みをされる場合は上記からダウンロードしてください。

この講座を申し込む

講座趣旨

 AI(人工知能)が囲碁や将棋で人間に勝ち、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)が私たちの生活や産業を大きく変えています。また、宇宙ではダークマターやダークエネルギーの存在が明らかになり、アインシュタインが出した宿題の重力波まで発見されました。
 こうした最先端の科学や技術の課題を取り上げ、多くの方々にわかりやすく紹介するのが、本講座のねらいです。市民の方々のご参加をお待ちしております。

 年間1兆個のセンサを使用する社会が10年後には実現すると言われています。昨今、AIとともに注目を浴びるIoTの世界で、センサ・ネットワークは、その普及が新たな情報革命の基盤となるものであり、食糧・医療・環境・エネルギーに関わる地球規模の課題を解決する重要な技術とされています。2013年に、米国にてスタートしたトリリオン・センサ・イニシアティブは、この理想の世界の実現を目指して、センサ・ネットワークによる新しいビジネスの創出を推進するものです。飢えがなく、医療が行きわたり、汚染がなく、クリーンエネルギーを享受できる理想の世界の到来を予感させます。
 こうした未来に向かって日本の果たすべき役割とは。トリリオン・センサ活動に当初から参画する唯一の日本人としての講師が、その全容と今後の展望について述べます。

講座概要

講座日程 2018年 3月15日 (木)
時間 19:00〜20:30
定員 50 人 (先着制)
回数 1回
受講料 500 円
難易度 ★☆☆
会 場 三鷹ネットワーク大学
受付期間 2月6日(火)午前9時30分より
日程 開催時間 会場 担当講師
第1回
3月15日
19時00分〜20時30分 三鷹ネットワーク大学 神永 晉
SKグローバルアドバイザーズ(株)代表取締役、元 住友精密工業(株)代表取締役社長

講師

神永 晉(かみなが すすむ ) SKグローバルアドバイザーズ(株)代表取締役、元 住友精密工業(株)代表取締役社長
1969年 東京大学工学部機械工学科卒
1969年 住友精密工業株式会社入社
1981年 欧州事務所長(ドイツ在住6年)
1995年 英国子会社代表取締役
2000年 取締役
2002年 常務取締役
2004年 代表取締役社長(在職8年)
現在   SKグローバルアドバイザーズ(株)代表取締役、
     SPPテクノロジーズ(株)エグゼキュティブシニアアドバイザー、
     オリンパス(株)社外取締役

戻る