講座詳細

アニメのまちとくらしのかかわり方
〜身近なキャラクターたちの活躍〜

Image20180202-29964-14isxb7

講座趣旨

 三鷹市で開催の、古今東西の傑作アニメーション作品を鑑賞いただける「アニメーション古今東西」が15周年の節目を迎えることから、このたび関連講座を開催する運びとなりました。
 本講座では、「昆虫物語 みなしごハッチ」、「科学忍者隊ガッチャマン」など多くのヒット作品を世に送り出してこられた、アニメ制作会社 株式会社タツノコプロの専務取締役 経営管理担当 野口篤志様にご登壇いただき、「アニメのまちとくらしのかかわり方 〜身近なキャラクターたちの活躍〜」と題してお話しいただきます。
 本講座を通じて、キャラクタービジネス、地域や行政との関わりについてなど、アニメーション作品の“鑑賞”だけではなく、「アニメーションに秘められた魅力や奥深さ」を再発見いただく機会をご提供します。
 皆さまのお越しをお待ちしております

 昨年、創立55周年を迎えたアニメ制作会社「タツノコプロ」が、身近でありながらあまり知られていないキャラクタービジネス、地域や行政とどのように関わってきたかについて、過去の事例を引いてご紹介します。これまで「アニメーション古今東西」ではアニメ作品や映像制作の方法についての講演は多くありましたが、今回は企業活動と地域の関わりといった視点でお話させていただきます。

講座概要

講座日程 2018年 2月28日 (水)
時間 19:00〜20:30
定員 50 人 (先着制)
回数 1回
受講料 500 円
難易度 ★☆☆
会 場 三鷹ネットワーク大学
受付期間 2月6日(火)午前9時30分より
日程 開催時間 会場 担当講師
第1回
2月28日
19時00分〜20時30分 三鷹ネットワーク大学 野口 篤志 株式会社 タツノコプロ専務取締役 経営管理担当

講師

野口 篤志(のぐち あつし ) 株式会社 タツノコプロ専務取締役 経営管理担当
 総務、法務、経理、財務など管理系部門を統括するとともに、企業広報、CSR(社会貢献責任)全般も担当。キャラクタービジネスの契約事務や知的財産の管理、業界団体や行政との窓口などの業務を日々行っています。

戻る