講座詳細

アストロノミー・パブ1月
人類の宇宙への進化と文化・芸術

Image20191203-24738-1f8awqf

※用紙で受講者登録または講座申し込みをされる場合は上記からダウンロードしてください。

この講座を申し込む

講座趣旨

国立天文台企画サロン アストロノミー・パブ
 アストロノミー・パブは、市民と専門家との間の相互コミュニケーションを目的とした、サイエンス・カフェの天文版です。前半はホストとゲストによる「トークタイム」、後半は講師や参加者同士と自由に対話を楽しむ立食形式の「パブタイム」です。普段から疑問に思っている事や自分のアイデアを、講師や参加者同士で楽しく語り合いましょう。

講座概要

講座日程 2020年 1月18日 (土)
時間 18:30〜20:30
定員 25 人 (定員を超えた場合は抽選です)
回数 1回
受講料 3,000 円
難易度 ★★☆
会 場 三鷹ネットワーク大学
受付期間 12月3日(火)午前9時30分〜12月24日(火)午後5時

※スクロールしてご確認ください→

日程 開催時間 会場 担当講師 内容
第1回
1月18日
18時30分〜20時30分 三鷹ネットワーク大学 ゲスト:水野 素子
ホスト:縣 秀彦
 人類はどこから来て、どこへ行くのか。人が好奇心に駆られて宇宙を目指すのは、DNAに刻まれた生命進化の宿命か。そして人類の宇宙への進化・発展は社会・文明にどのような変化をもたらすか。JSASS宇宙ビジョン2050、国際宇宙探査・宇宙旅行・宇宙ビジネスの最新動向、国立天文台での科学文化形成の取組み、種子島宇宙芸術祭などを紹介しながら、国立天文台普及室長の縣秀彦さんとJAXA水野素子さんが語ります。

講師

水野 素子(みずの もとこ ) JAXA調査国際部 参事
 1970年生まれ、東京大学法学部卒、ライデン大学国際法修士修了。宇宙機関で約25年にわたり国際宇宙ステーション等の国際協力、法務・政府立法支援、先導的事業創出等を担当。現在は月基地や有人月周回基地Gateway建設に向けたNASA等との国際調整、宇宙資源開発に係る法的検討等を担当。東大などで国際宇宙法の教育研究に長く携わり、航空宇宙学会 (JSASS) 宇宙法政策委員長(初代)。宙女、宇宙芸術コミュニティbeyond、種子島宇宙芸術祭の発起人。天文台科学プロデューサーコース修了。中小企業診断士。
縣 秀彦(あがた ひでひこ ) 国立天文台 天文情報センター普及室長・准教授
 1961年長野県生まれ。自然科学研究機構国立天文台准教授、天文情報センター普及室長。国際天文学連合国際普及室長。専門は天文教育と科学コミュニケーション。東京大学教育学部附属中学・高校教諭を経て現職。日本天文学会天文教材委員長、日本科学教育学会理事、日本サイエンスコミュニケーション協会副会長、日本天文教育普及研究会長などを歴任するほか、テレビやラジオ等でも活躍。著書は、『面白くて眠れなくなる天文学』(PHP研究所、2016年)、『星の王子さまの天文ノート』(河出書房新社、2013年)他多数。

戻る