講座詳細

数学カフェみたか7 1月
整数に関する文章問題

D2050300.pdf

講座趣旨

東京女子大学寄付講座
数学カフェみたか

 数学がわかるということは突き詰めていくと、自分で検算して安心するということが多分にあります。(これはコンピュータで確認することも含みます。)
 この講座では高校生から大学2年生位までのレベルのさまざまな演習問題を解いてみます。講座の予習として、事前に資料を配布し、関連する問題を実際に解いて頂きます。講座当日は、問題を解くための知識を説明した後、その後は、参加者の皆さんで議論しながら解法に導きます。
 リラックスした雰囲気の中で気軽に数学を楽しみませんか?
数学が好きな方、数学で語り合う仲間を見つけたい方、久しぶりに勉強したい方、数学には興味があるけれど難しそうだと思う方、ぜひこの機会にお集まりください。

※飲み物、茶菓の提供はありません。

1月のテーマは「整数に関する文章問題」です。


 

講座概要

講座日程 2021年 1月12日 (火)
時間 10:00〜11:30
定員 15 人 (先着制)
回数 1回
受講料 500 円
難易度 ★★☆
会 場 三鷹ネットワーク大学
受付期間 12月8日(火)午前9時30分〜1月10日(日)午後5時

※スクロールしてご確認ください→

日程 開催時間 会場 担当講師 内容
第1回
1月12日
10時00分〜11時30分 三鷹ネットワーク大学 小林 一章 整数に関する文章問題
今月は文章で表される問題を解くことにします。
1番は、正整数の問題
2番は、鳩ノ巣原理の応用問題
3番は、ある条件を満たす非負整数を選び出す問題
4番は、整数全体を、ある条件を満たす部分集合に分割したとき、その部分集合の最小数を求める問題
5番は、n次方程式を満たす解の集合から出発して、解の集合を大きくしていく問題 です。
1か月前に問題をお渡ししますので解いて来て、皆さんと議論することにしましょう。

講師

小林 一章(こばやし かずあき) 東京女子大学名誉教授
 1940年東京都生まれ。早稲田大学理工学研究科卒業。神戸大学、北海道大学を経て、84年から東京女子大学文理学部数理学科教授。2009年より同大学名誉教授。専門は位相幾何学で80年代後半より結び目の研究を始め、その後空間グラフの研究に重心を移す。著書に『曲面と結び目のトポロジー』(朝倉書店、1992年)、『空間グラフの理論』(培風館、1995年)など。
(公財)数学オリンピック財団元理事長。 2019年秋の叙勲において瑞宝中綬章を受章。

戻る