新型コロナウィルス感染症の発生状況等を踏まえ、本講座は中止となりました。皆様のご理解とご協力をお願いします。

講座詳細

【中止】美しい海岸こそ日本の資源、カーボンニュートラル(脱炭素社会)へ【オンライン講座】
ー新しい波力発電が拓く再生可能エネルギーの未来

D2051200.pdf

講座趣旨

NPO法人科学宅配塾企画講座"もっと科学を楽しもう!"8
 AI(人工知能)が囲碁や将棋で人間に勝ち、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)が私たちの生活や産業を大きく変えています。また、宇宙ではダークマターやダークエネルギーの存在が明らかになり、アインシュタインが出した宿題の重力波まで発見されました。こうした最先端の科学や技術の課題を取り上げ、多くの方々にわかりやすく紹介するのが、「NPO法人 科学宅配塾」企画講座のねらいです。
 今年度は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、オンラインでの講座で開催します。奮ってのご参加をお待ちしております。

【お申込みリンク】
https://kagakutakuhaijuku0121.peatix.com

講座概要

講座日程 2021年 1月21日 (木)
時間 19:00〜20:30
定員 90 人 (先着制)
回数 1回
受講料 500 円
難易度 ★☆☆
会 場 オンライン
申し込み Peatixでの申し込み・支払いです。左のリンクからお申し込みください。(初めての方はPeatixへの登録が必要です。)
受付期間 12月22日(火)午前9時30分〜1月20日(水)午後9時

※スクロールしてご確認ください→

日程 開催時間 会場 担当講師 内容
第1回
1月21日
19時00分〜20時30分 オンライン 新竹 積 美しい海岸こそ日本の資源、カーボンニュートラル(脱炭素社会)へー新しい波力発電が拓く再生可能エネルギーの未来
 サンゴ礁の島々では、数百メートル沖合のリーフ(島を取り囲むサンゴ礁の浅瀬)が天然の防波堤となって外洋からの大波を防ぎ、波静かなラグーンを形成しています。沖縄では、もずく栽培や観光ビーチとして活用していますが、日本列島の海岸は、波浪による侵食を防ぐために消波ブロックが並べられ美しい景観とは言い難い状況です。
 講座では、新方式の人工リーフによって美しい日本の海岸を再生し、同時に海岸 発電を行い、脱炭素社会へ貢献する未来をお話します。

講師

新竹 積(しんたけ つもる ) 沖縄科学技術大学院大学教授
 宮崎県の山間部、小林市に農家の次男として生まれる。夏は川で泳ぎ、小魚や天然うなぎを取り、友人たちと手作りのゴーカートレースに興じた思い出は忘れられない。18歳で福岡の大学へ。
 卒業後、広々とした筑波の研究学園都市、高エネルギー研究所へ。
 35歳でイタリア留学後、スタンフォード大学へ、その後、理化学研究所のX線レーザーSACLAを建設。
 2011年より沖縄科学技術大学院大学にて教鞭を取りながら研究生活。気がつくと65歳。

戻る