講座詳細

ブロンズ新社 若月眞知子さんに聞く 「世界の絵本最前線―ボローニャブックフェアと絵本出版」【オンライン講座】

D2051900.pdf

講座趣旨

おとなの知的好奇心を刺激する絵本講座
“おとな絵本ラウンジ” レクチャーシリーズ
 多様な人々と様々な視点で絵本を楽しむ場“おとな絵本ラウンジ”のレクチャーシリーズは、今、絵本の世界で活躍する人々や活動を紹介する講座です。講師には、絵本作家、作家、美術家、デザイナー、編集者、キュレーターなど、様々な立場で絵本にかかわる方々をお招きします。
 今回の講師には、ブロンズ新社の創業者であり、代表取締役の若月眞知子氏をお招きします。

梅澤尚子(コーディネーター)

※オンライン会議アプリのZoomを使用した講座です。ご自宅などからご参加ください。

【お申込みリンク】
https://otonaehon20210131.peatix.com

講座概要

講座日程 2021年 1月31日 (日)
時間 14:00〜16:00
定員 90 人 (先着制)
回数 1回
受講料 1,000 円
難易度 ★☆☆
会 場 オンライン
申し込み Peatixでの申し込み・支払いです。左のリンクからお申し込みください。※一週間の見逃し配信あり
受付期間 12月22日(火)午前9時30分〜1月30日(土)午後9時

※スクロールしてご確認ください→

日程 開催時間 会場 担当講師 内容
第1回
1月31日
14時00分〜16時00分 オンライン 若月 眞知子
梅澤 尚子
ブロンズ新社 若月眞知子さんに聞く
世界の絵本最前線―ボローニャブックフェアと絵本出版

 『リサとガスパール』、『だるまさん』の人気シリーズや、ツペラ ツペラ(tupera tupera)、ヨシタケシンスケなどの絵本作家を発掘。イタリア・ボローニャで開催される国際児童ブックフェアには2004年以降単独ブースを設けて毎年出展、国際出版も積極的に行っているブロンズ新社。同社の創業者である若月眞知子氏に、本づくりへの思いと作家とのつながりや、毎年出展しているというボローニャのブックフェアで、世界の様々な絵本に触れて感じる世界の絵本の現在をお話しいただきます。

講師

若月 眞知子(わかつき まちこ ) 編集者、ブロンズ新社 代表取締役
 1949年京都生まれ。33歳でブロンズ新社を設立。当初は国内外の文学・評論を発行していたが、1990年に初の絵本『らくがき絵本』を編集。1994年、ボローニャのブックフェアで世界各国の多種多様な絵本に触れて目からウロコが落ちる。年間約12点の新刊絵本を刊行し、国際出版にも力を注いでいる。30周年を機に「書店大賞」を設立、オフィスの隣にギャラリー「青銅ROOM J」をオープンさせた。同社では「リサとガスパール」シリーズ、「だるまさん」シリーズ、『ビロードのうさぎ』『てつぞうはね』『しろくまのパンツ』『りんごかもしれない』『へいわってすてきだね』『リンドバーグ 空飛ぶネズミの大冒険』など約680作品を出版している。
梅澤 尚子(うめざわ なおこ ) 絵本コーディネーター・絵本勉強家
 地元、三鷹市に住む児童文学作家、神沢利子氏の展覧会を作るために発足された市民プロジェクト神沢利子展プロジェクト実行委員会にて、展覧会企画を担当。2007年、どうして?神沢利子展(三鷹市芸術文化センター)、トコトン!神沢利子展(三鷹市美術ギャラリー)開催。その後、現代アートのアートイベントの企画、運営などに携わり、13年より、絵本を学ぶ場、楽しむ場「おとな絵本ラウンジ」を企画コーディネート。おとな絵本ラウンジ:http://otonaehon.jimdo.com/

戻る