講座詳細

おとな絵本ラウンジ 絵本を深く知るレクチャーシリーズ 30【オンライン講座】
深読み!絵本『せいめいのれきし』 ―バージニア・リー・バートンのまなざしを読み解く

%e7%b5%b5%e6%9c%ac%e3%83%ac%e3%82%af%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%bc30_0205

講座趣旨

おとなの知的好奇心を刺激する絵本講座
“おとな絵本ラウンジ” レクチャーシリーズ
多様な人々と様々な視点で絵本を楽しむ場“おとな絵本ラウンジ”のレクチャーシリーズは、今、絵本の世界で活躍する人々や活動を紹介する講座です。講師には、絵本作家、作家、美術家、デザイナー、編集者、キュレーターなど、様々な立場で絵本にかかわる方々をお招きします。
今回の講師は、半世紀以上にわたって読み継がれてきたバージニア・リー・バートンの名作絵本『せいめいのれきし』の改訂版を監修された恐竜博士、真鍋真さんです。
ご著書「深読み!絵本『せいめいのれきし』」(岩波科学ライブラリー)を基に『せいめいのれきし』の見所と幼い頃の絵本体験と古生物研究のお仕事についてお話しいただく予定です。  ――梅澤尚子(コーディネーター)

【申込リンク】
https://otonaehon20210307.peatix.com

講座概要

講座日程 2021年 3月 7日 (日)
時間 14:00〜16:00
定員 90 人 (先着制)
回数 1回
受講料 1,000 円
難易度 ★☆☆
会 場 オンライン
申し込み Peatixでの申し込み・支払いです。左のリンクからお申し込みください。※1週間の見逃し配信あり
受付期間 2月9日(火)午前9時30分〜3月6日(土)午後8時

※スクロールしてご確認ください→

日程 開催時間 会場 担当講師 内容
第1回
3月 7日
14時00分〜16時00分 オンライン 真鍋 真 深読み!絵本『せいめいのれきし』 ―バージニア・リー・バートンのまなざしを読み解く
 バージニア・リー・バートンの絵本『せいめいのれきし』は、地球の誕生から今この瞬間まで続く命のリレーを、5幕34場のお芝居に見立てて描いた絵物語です。アメリカで1962年に初めて出版されて以来、世界中で読み継がれてきました。日本では、1964年に石井桃子さんの翻訳で刊行されました。研究が進み、絵本が描かれた時にはわかっていなかったことが解明されるようになり、2015年に日本語版の改訂が行われ、古生物学者である真鍋真氏が、監修を担当されました。この講座では、改訂のポイントや見所を深掘りしたご著書「深読み!絵本『せいめいのれきし』」(岩波科学ライブラリー)を基に、『せいめいのれきし』の見所と真鍋氏自身の幼い頃の絵本体験や古生物研究のお仕事についてお話しいただく予定です。

講師

真鍋 真(まなべ まこと ) 国立科学博物館標本資料センター・コレクションディレクター兼分子生物多様性研究資料センター・センター長
 1959年生まれ。横浜国立大学教育学部卒業、米国イェール大学理学部修士課程修了、英国ブリストル大学理学部Ph.D 課程修了、博士(理学)。恐竜など中生代の化石から読み解く爬虫類、鳥類の進化を主な研究テーマとしている。日本古生物学会・学術賞受賞。『日本恐竜探検隊』(岩波書店、共著)、『古生物学事典』(朝倉書店、共著)、『生物学辞典』(東京化学同人、共著)、『進化学事典』(共立出版、共著)ほか。図鑑の監修、「恐竜博」など展覧会、博物館の展示監修も多数。
梅澤 尚子(うめざわ なおこ ) 絵本コーディネーター、絵本勉強家
 地元、三鷹市に住む児童文学作家、神沢利子氏の展覧会を作るために発足された市民プロジェクト神沢利子展プロジェクト実行委員会にて、展覧会企画を担当。2007年、どうして?神沢利子展(三鷹市芸術文化センター)、トコトン!神沢利子展(三鷹市美術ギャラリー)開催。その後、現代アートのアートイベントの企画、運営などに携わり、13年より、絵本を学ぶ場、楽しむ場「おとな絵本ラウンジ」を企画コーディネート。    おとな絵本ラウンジ:http://otonaehon.jimdo.com/

戻る