講座詳細

杏林大学公開講演会「バイデン政権のインド太平洋政策」【オンライン講座】

D2151900.pdf

講座趣旨

杏林大学公開講演会
 杏林大学の特色を活かして、医療系、人文社会科学系の公開講演会・公開講座を実施しています。 2021年度は、コロナ禍でも安心してご参加いただけるよう、オンラインで実施いたします。

 ※オンライン会議アプリのZoomを使用した講座です。ご自宅などからご参加ください。

【お申込みリンク】
https://kyorin-u20220122.peatix.com

講座概要

講座日程 2022年 1月22日 (土)
時間 11:00〜11:45
定員 90 人 (先着制)
回数 1回
受講料 0 円
難易度 ★☆☆
会 場 オンライン
申し込み Peatixでのお申し込みです。左のリンクからお申し込みください。
受付期間 12月21日(火)午前9時30分か〜1月21日(金)午後9時

※スクロールしてご確認ください→

日程 開催時間 会場 担当講師 内容
第1回
1月22日
11時00分〜11時45分 オンライン 島村 直幸 バイデン政権のインド太平洋政策
 バイデン政権は多国間主義を掲げ、同盟の重視を訴え、「アメリカは戻ってきた」と繰り返しアピールする一方で、「中間層のための外交」を展開すると繰り返し訴えてきました。
 「中間層のための外交」は、トランプ政権の「アメリカ第一主義」と何が違うのか―。保護主義に陥る危険はないのか―。アメリカ中心のリベラルな国際秩序ははたして維持されるのか―。これまでのバイデン政権の政治外交について、体系的に分析してみます。

講師

島村 直幸(しまむら なおゆき ) 杏林大学総合政准教授
【学歴】
1993年 獨協大学外国語学部英語学科(国際関係)卒業
2006年 一橋大学法学研究科 博士後期課程満期退学 博士(法学)
【職歴】
1998年 関東学院大学法学部など非常勤講師を経て
2011年 杏林大学総合政策学部 着任

戻る