講座詳細

アストロノミー・パブ2月【教室・オンライン同時開催】
「宇宙鉱物学がひもとく太陽系の起源 ―わたしたちはほんとうに星くずなのか?」

D2252900.pdf

※用紙で受講者登録または講座申し込みをされる場合は上記からダウンロードしてください。

この講座を申し込む

講座趣旨

国立天文台企画サロン アストロノミー・パブ
 アストロノミー・パブは、市民と専門家との間の相互コミュニケーションを目的とした、サイエンス・カフェの天文版です。前半はホストとゲストによる「トークタイム」、後半は講師や参加者同士と自由に対話を楽しむ「パブタイム」です。普段から疑問に思っている事や自分のアイデアを、講師や参加者同士で楽しく語り合いましょう。
 後半のパブタイムには2つのグループに分かれ車座になり、ゲスト・ホストそれぞれのお話を聞きます。ふた付きの飲み物は持ち込み可です(アルコール不可)。飲食物の提供はありません
前半のトークタイムのみ、オンラインでの参加が可能です。

【オンライン参加のお申し込み】
 オンライン参加の方は、前半のトークタイム(講義)のみ(受講料500円)のご参加となります。定員は30人(先着制)です。こちらからお申し込みください。
https://astronomy-pub-mitaka0218.peatix.com

【教室参加 受講までの流れ】
▼お支払い
 講座当日に窓口にてお支払いください。
▼講座当日
 午後6時、受付開始です。後半のパブタイムには2つのグループに分かれて輪になり、講師のお話を聞きます。(ふた付き飲み物 持込可・アルコール不可)
 

講座概要

講座日程 2023年 2月18日 (土)
時間 18:30〜20:30
定員 25 人 〇安襯優奪肇錙璽大学教室       30人 ▲ンライン(ともに先着制)
回数 1回
受講料 1,000 円
難易度 ★★☆
会 場 三鷹ネットワーク大学・オンライン
申し込み 〇安襯優奪肇錙璽大学で参加希望の方は、上の〔>この講座を申し込む〕ボタンからお申し込みください。                  ▲ンライン参加希望の方は、左のリンクからお申し込みください。Peatixでのお申し込み・お支払いとなります。(初めての方はPeatixへの登録が必要です。)
受付期間 1月4日(水)午前9時30分〜2月17日(金)午後9時

※スクロールしてご確認ください→

日程 開催時間 会場 担当講師 内容
第1回
2月18日
18時30分〜20時30分 三鷹ネットワーク大学・オンライン ゲスト 瀧川 晶
ホスト 小玉 貴則
宇宙鉱物学がひもとく太陽系の起源―わたしたちはほんとうに星くずなのか?
 鉱物と恒星、実験と観測、100ナノメートルと3,000光年。あまりにスケールが違うので一緒にはしにくいものたちです。しかし、私たちの歴史を知りたいと思ったとき、お互いが無くてはならない関係になることに気付かされます。今回のアストロノミー・パブでは、「物質」を鍵に私たちや太陽系の原材料を考えます。太陽系の原材料を考えることは、私たちの太陽系はどのくらい特別な存在かを考えるもう一つのやり方かもしれません。さて、私たちは何でできているのでしょうか。

講師

瀧川 晶(たきがわ あき ) 東京大学大学院理学系研究科地球惑星科学専攻 准教授
 東京大学 大学院理学系研究科 准教授。東京大学 大学院理学系研究科 地球惑星科学専攻博士課程修了。博士(理学)。日本学術振興会特別研究員SPD、京都大学 白眉センター 特任助教を経て2020年より現職。専門は実験宇宙物理化学、宇宙鉱物学、銀河物質循環学。1/1000 mmの鉱物を観察したり、実験したり、時々は遠く離れた星の周りを観測して、太陽系の起源や銀河での立ち位置を考えるのが専門。
小玉 貴則(こだま たかのり ) 東京大学総合文化研究科先進科学研究機構 特任助教
 東京理科大学理工学部物理学科卒、東京大学大学院理学研究科地球惑星科学専攻修了。博士(理学)。東京大学大気海洋研究所、ボルドー大学宇宙物理教室にて特任研究員を経て、現在、東京大学総合文化研究科先進科学研究機構 特任助教。専門は、系外惑星科学、気候学。地球を、系外惑星学、古気候学、将来予測など、多角的に検討し、ハビタブル惑星について研究している。

戻る